> > TVドラマ「結婚しない」に見るシングル女子の描かれ方

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム TVドラマ「結婚しない」に見るシングル女子の描かれ方

フジテレビで、毎週木曜日夜10時から放映されている「結婚しない」というドラマをご存じだろうか? 結婚したい側からすると、あまりにビミョーなタイトルだが、振り切った姿勢に敬意を表し、あえて婚活女子の視点で観てみた。

菅野美穂演じる旅行会社の派遣社員・田中千春は、お人好しだが素直に甘えられない性格ゆえか彼氏イナイ歴5年の34歳。「結婚って本当にしなくちゃいけないんだろうか?」と疑問も感じている“結婚できない女”。天海祐希演じる造園プランナー・桐島春子は、さばさばした性格で仕事ができる44歳の“結婚しない女”。世代の違うシングル女子2人がひょんなことから同居することになり、ストーリーが始まる。

公園やテーマパークなど大掛かりな仕事に携わってきたのに左遷され、ショックを受ける春子が店長を務めることになる花屋では、玉木宏演じる美大出身で画家志望だった工藤純平がアルバイトをしている。彼は年収が少なくて結婚はできない。

というように、様々な理由で結婚しない男女が登場するドラマなのだが、製作サイドは、結婚しない人々を真摯に描くため、多くの結婚しない女性たちにインタビューを重ねたとか。それゆえリアルなエピソードが散りばめられていて、何気ないシーンなのに聞き逃せない台詞が多い。
ちょうど1年前、同じ10月クールの月9ドラマでヒットした「私が恋愛できない理由」のスタッフの大半が再結集している、というのにも作り手の意気込みを感じるけれど、前者が主に20代女性の等身大を描いていたのに対し、後者は30代、40代の結婚しない女性たちの等身大に迫っている、という画期的な変化も見逃せない。

国勢調査によると、30代〜40代前半の女性の未婚率が過去最高だそうだ。10年前と比べると、30代前半の女性の未婚率は6.7%、30代後半は8.5%も上昇しているとか。そういった状況を受けて作られていると思うので、より今っぽく更新されたストーリー展開を期待して観ていきたい。
これを書いているのが、第3回が終わった時点。第1回で、中村俊介演じる千春の元カレ・小島圭介が千春の旅行会社を訪れ、今カノとの新婚旅行を予約したのには驚いたが、今回は、彼女にフラれたといって千春に再接近し、ホテルへ……。今カノからのカムバック・コールで現実にもどるのだが、状況に揺れる千春の心境が痛かった。

片や春子は、認知症の祖母を抱えた実家環境が背景にあるものの、仕事に自信を持ち、独身でいることにまったく焦っていない。ただ、千春とコーヒーを飲むシーンで、「達観してるね」と言われ、「達観してるわけじゃないの。コーヒー飲んでやり過ごしてるだけ」と、本音にカブらせて放り投げるようにつぶやいたのは印象的だった。

40代だから達観してるとは限らないと思うのだが、30代との差をつけるため、そう設定せざるを得ないのだろうなと思ってみたり。

「えっ、独身なんですか? なんだ、普通に結婚してる人かと思った」と他者から言われ、うっすら傷つくシーンも。「まだ独身かと思った(若く見えるから)」と言われるのとは、えらい違いのニュアンスである。ガ〜〜〜ン! 世間はこういう視線なのだろうなあ。

30代40代のみならず、20代の後輩女子も絡んでくるし、なぜか大学での恋愛講義?風景も毎回登場するので、20代も無関係と思わないように!
ドラマに登場する女性たちが未婚なのは、「理想が高過ぎる」「男勝りで素直になれない」「だめんずに惹かれてしまう」「1人のほうが楽」「男が不甲斐ない」などという理由だそうで、だから結婚願望がないわけではないけれど、半分あきらめかけているらしい。

結婚に対する様々な女性心理が描かれており、婚活女子の参考になること間違いなし。タイトルは「結婚しない」だけど、それを反面教師にして「結婚しよう」ではないか!
(稲木紫織)

2012.11.05

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP