> > 自分が一番素敵に見える姿を知って、婚活にカツ!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 自分が一番素敵に見える姿を知って、婚活にカツ!

仕事をがんばっていると「女を捨てている」と言われ、女性らしさを意識していると「甘えている」と言われ、どうすりゃいいのよ、この私……みたいな気持ちになる時もありますが、要はバランスなんですよね。毅然とする時はして、ちょっとくだけたほうがいい時は肩ヒモのひとつも落としてみる。いや、違うか……。とにかく、そういう適材適所の空気が読めたうえで自分らしさをアピールできる女性って素敵だな、と思います。

婚活中なら、自分のウリというか、ここぞという時の最終兵器は隠し持っていたいもの。その他大勢に使ったら媚びているといわれる女性の武器も、本命に対して使えなかったら宝の持ち腐れですよね。とはいえ、自分の中にないものをひねり出すわけにはいきません。どうしたら自分らしい魅力をアピールできるか考えておくのはマストだと思います。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中の会員さんたちに実施した「男性が(女性が)一番素敵に見えるのはどんな姿?」というアンケート結果が参考になったのでご紹介します。回答例は「格好良くオシャレにキメた(おしゃれに着飾っている)姿」「趣味を楽しんでいる姿」「仕事に打ち込んでいる姿」「スポーツなど活動的な姿」「力仕事をしている (料理など家庭的な)姿」「その他」の6択。()内は女性に対する回答例です。

結果は、男女が真っ二つに分かれました。女性が選んだ1位はもちろん、男性が「仕事をに打ち込んでいる姿」で63.3%ですが、男性が選んだ1位は、女性の「料理など家庭的な姿」で50.4%。半数以上の男性は女性の家庭的な姿に憧れる、という事実がはっきりしたわけです。これは別に、男性が働く女性を否定していることにはならないし、彼らが遅れているとか進歩的でないとか糾弾することでもありません。性差がはじきだす魅力の違いですから、この現実を受けとめて的確に対応していく者が婚活を制す、と思います。

婚活女子のコメントは「誇りを持って仕事している姿は、すごい魅力です」「仕事に情熱を持っている方は素敵です」「男性が最も輝いて見えると言ったら、これで決まりでしょ」などで、これらの意見に反論する術なんて無いですよね。婚活男子のコメントは、「作ってくれるその姿を見たりするとすごい愛おしくなる時はありませんか?」という質問形ですが、断定形でいい意見ですよね。「これ! 一番素が出る。社会進出とかの言葉に踊らされて、一番の強みを女性自ら忘れてないか?」というコメントが身に染みました

男女の役割がほとんど同様の北欧人に聞かせたら、日本人男性はまだそんな戯言を言っているのか、日本人女性は男を甘やかし過ぎだから自分の首を絞める……とか言われそうですが、現状を否定するだけじゃ何も生まれませんよね。それに、女性の家庭的な姿は、その人が仕事をしているしていないにかかわらず、女性の自分から見ても素敵だと思えたりするわけで、単なる男尊女卑だとくくれないと思います。

「子どもを慈しむ姿には感動すら覚えます」という同様の男性の意見然り。女性にしかないものは、そんな安っぽい言い方じゃいけないかもしれないけど、やはりウリになる。だいたいこの男女2つの回答例以外、数値が段違いに低いのがそれを裏打ちしています。とはいえ、女性らしさや家庭らしさって、押し付けになっては逆効果ですけれどね。バーベキューの時、男子に絶対焼かせない女子など…、やはりバランスですよね。

「家庭的な部分は、私が体を張ってやらせてもらいます!」と、過剰にがんばり過ぎちゃうとはっきり言って重いかもしれません。ちょっと柔らかい飲み会の雰囲気に移行しているセクシー女子にあっさり負けちゃいます。でも負けてもいい、私は肉を焼き続けます……という極北まで行くなら、それはもうジェンダーを超えて個性の世界。そこが愛されたりすることも、もちろんあり得るでしょう。自分が一番素敵に見える姿を再認識し、婚活に活を入れたいものです。 
(稲木紫織)

2013.11.28

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP