> > 誠実な男性から愛され、信頼される女性になる方法

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 誠実な男性から愛され、信頼される女性になる方法

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

恋愛やコミュニケーションでは、自分目線だけでなく、「相手目線でも自分が信頼される人かどうか」というように、客観的に自分を捉えることが大切になってきます。

自分が相手を推し量るように、相手も自分のことを推し量っています。

相手と会話するとき、例えば、「どうしよう、今上手に話せたのかな」「相手がどう思っているか不安だ」「受け容れてもらうために頑張ろう」など、自分がどんなことを話せばいいのかばかりを考えてしまい、自意識過剰になってしまうと、相手から見たとき、挙動不審で信用できない、落ち着きのない人だと思われてしまいかねません。

特に、恋愛で男性と善い関係を築きたいときは、「自分が相手の男性から見てどんな女性に見えているかどうか?」という自分の見せ方をきちんと考えてあげることが大切です。マイナスの印象を与えてしまうと、なかなかそこから印象を変えて、親しい関係になることは難しくなってしまいます。

今回は、男性から信頼され、愛される女性になるための大切なポイントを5つあげてみたいと思います。

一貫しているかどうか
話をしているとき、あなたの態度や発言に一貫性はありますか? 例えば、Aと言っていたのに「やっぱりB!」ということがあると、「この人はころころ発言が変わる人だな……」と思われてしまいます。一度決めたことに対しては、気分で覆さずに、しっかりと責任を持ってみましょう。

平等かどうか
人との接し方を対等にしていますか? 特別な友達に対しては特別扱いでもかまいませんが、誰かをひいきしたり、やったりやらなかったり……というように態度や発言にムラがあると、それだけで平等ではないと感じられてしまいます。裏表がある女性は、「自分との恋愛でも同じようになるのかな……」という疑念を持たせてしまいますので、誰に対してでもできるだけ公平な態度を取ってみましょう。

納得しながら発言しているかどうか
自分自身の発言や行動に納得していますか? 納得できないのにしぶしぶイエスと言っていたり、心とは裏腹な態度をしていると、「本当は嫌だって思っているのかな」「いつも言葉にしないのに態度で表現して、面倒くさい」というように、それだけでネガティブに思われてしまいます。態度と言動を一致させて、自己表現していきましょう。

相手のテリトリーを考えているかどうか
相手の嫌な領域・入っていい領域を考えていますか? 誰しも入られたくない・聞かれたくないことはあります。相手に配慮しないことで、「ずけずけ立ち入ってくる人」という印象を持たれてしまうかもしれません。
「これをしたいんだけど大丈夫?」「あなたはどう思う?」というように、相手の領域やOKな範囲を確認するように心がけてください。

その人の理解に寄り添っているかどうか
「相手が理解できているか」を考えていますか? 一方的にこちらの要望を突きつけたり、あなただけが分かって話をしたとしても、相手は同じ基準を持っていないため、あなたの話を理解できないかもしれません。相手が分かるように丁寧に説明してみましょう。

実は、これらの5つのポイントは、いずれも、あなた自身のこだわりとも結びついています。もしもこうした態度をあなた自身が他人からされたとしたら、「自分勝手だ」「平等じゃない」「ずけずけ入ってくる」「いい加減だなあ」と感じてしまうことでしょう。けれども、「他人からされたら嫌なこと」は、案外、自分は気づかずにやってしまっていることも少なくないのです。

人は相手を推し量るとき、おおざっぱな態度やざっくりとした感覚ではなく、無意識にこうした細部を感じ取りながら「相手が信頼できる人かどうか」を判断しています。そして、誠実な男性とめぐり逢いたいと思うときは、まず、自分自身がそれにふさわしい態度をできる女性になることが大切です。それをふまえながら、意識的して丁寧に相手に接してみましょう。それだけで、男性からの好感度もぐっと変わってくることでしょう。
(斎藤芳乃)

2013.12.02

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP