> > 今年こそは出会いたい人へ2013年の婚活事情まとめ

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 今年こそは出会いたい人へ2013年の婚活事情まとめ

新年がスタートしました。今年もみなさまとともに、迷いつつも楽しみながら、婚活が結実するよう鋭意努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。今年こそ!と、ふんどしのひもを締めなおした人(失礼!)も多いはず。とはいえ、締め過ぎたら切れちゃいますからね。適度に緩めたり締めたりしながら、がんばっていきましょう。

年頭に当たって、やはり昨年の状況は把握しておきたいもの。婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中の会員さんたちに実施した「2013年をふりかえって…… 」というアンケートによると、「いい出会いは無かった」と回答した人が女性45%、男性54.3%と、ともに断トツの1位でした。女性は半数近く、男性は軽く半数超えの数値。思わず合掌、チーン……と鈴でも叩きたくなってしまいますが、そんなことしてる場合じゃない!

婚活女子のコメントでは「帽子をかぶった写真のみの掲載で、実際に会ったらとても髪の薄い男性がいました。会う前に言って欲しい。サイトで2か月以上やりとりした時間が無駄でした」と、いきなり過激なご意見が。これはちょっとせつないですね。そこまでやりとりをして好感を持てたことは、プラスにはならなかったのでしょうか? 男性の身になってみると、親しくなってから伝えたかった気持ちは痛いほどわかります。けれども、やはり最初に事実を伏せていたことが、女性にとっては不信感になってしまったと思います。

リアルな写真を載せたらメールの返事すら来ないはず、と思われるかもしれないけれど、髪が薄いことをあまり気にしない女性も、一定数、確実に存在します。最初にうそをつかれた(と、どうしても女性は思ってしまうから……)と誤解されるよりも絶対にいいですよ。同じく「確かに厳しい年齢だと思ってます。ここでの活動5年目で卒業生とも疎遠になってます。結婚できている人もいるから次は自分が、と意気込んでいたけどペースダウン。相手が遊びかどうか勘がさえるようになったけど」というコメントには、どうかリフレッシュして恋のワクワクドキドキ感を取り戻してほしい、と祈らずにはいられません。

婚活男子のコメントは「ネットだと、どうしても条件が先になるからねぇ」「飲み会に不慣れだったのを忘れてた」「引きこもりのため」など。条件はひとつの入口かもしれませんが、そこをどう広げてこちらへ引き込むかは個人の魅力次第。プロフの書き方や写真を楽しみながら工夫して、もっと個性を伝えてみてください。飲み会が不慣れでも、他の楽しみ方を考えましょうよ。飲まない女性も多いから喜ばれますって! 引きこもりは別の問題かもしれません。でも、結婚願望があるなら自分のピュアな思いを伝えてみてほしいです。手紙でもロングメールでも、まず表現してみると何かが変わるはず。

2位も男女ともに「出会いはあったか決まらず」で、女性37.8%、男性31.4%。婚活女子44歳の「相思相愛にならない。もう、年齢的に無理なのかな、と落ち込んでいます」というコメント。昨年、読売新聞の「人生案内」という相談ページでは、90歳代の恋愛が問題になっていました。理屈で考える前に素直な自分に目を向けてみては? 同様に「初対面の人と関係をつなげる厳しさを実感。男性もシャイな方が多く、こちらも積極的になるのが難しく進展なし。男性と意識していなくても、身近に実は気の合う人がいるかも。ちょっと周囲に目を向けてみますね」というコメントには大賛成です。出会い方を限定する必要はありません。ネット婚活も友人の紹介も何でもアリで自分らしく活動したいものです。

同じく婚活男子では「勝手な勘違い。これまでの人生そのもの」「お互いに譲れない部分があったため」というコメントが。自己分析できているなら、反省後、嫌な気持ちは流して前進あるのみ!ですよね。3位の「いい出会いがあった」派も、男女とも10%台でありました。悲観しないこと。自嘲し過ぎないこと。あきらめないこと。達成感はすぐ近くかもしれないのです。自分を励ましながら楽しい気分を取り戻して、さあ、新たに出発です! 
(稲木紫織)

2014.01.20

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP