> > どうして威圧的・高圧的な男性にばかり出会うの?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム どうして威圧的・高圧的な男性にばかり出会うの?

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

恋愛に悩む女性たちから、「どうしてなのか自分でも理由がわからないのですが、いつも同じような威圧的な男性とばかり知り合ってしまうんです」というご相談をいただくことがあります。

今回は、このご相談の解説と、「過去のトラウマ」と現在の恋愛運との関係性について、お伝えしていきたいと思います。

恋愛は、お互いの在り方や考え方の癖で引き合う


まず、恋愛が始まるときは、「自分の中の心の癖」が元になっています。これはどういうことかというと、人はそれぞれ、自分なりの基準やマイルールの中で生きているんですね。たとえば、夜眠る前にお風呂に入る人もいれば、朝起きてからシャワーを浴びる人もいます。このように、それぞれが「自分の育った生活環境」に基づき、今の自分自身を創り上げています。

そして、これは「どんな相手と好みがあうか」といった、愛に関する基準も同じなのです。

あなたの愛はどんな形をしている?


たとえば、子どものころ、父親に叱責されて育った女性がいたとします。すると、その女性は、大人になってからも「男性は叱責するものだ」という前提を持つようになるんですね。人は自分が育った環境に基づいて、自分の価値観や思い込みを創りますから、実際に見聞きしてきたものがあれば、それを元に「世界はこういうものだ」「男性はこういうものだ」というように把握するようになるのです。

そして、その思い込みが強ければ強いほど、たとえネガティブな接し方であったとしても、それを無意識に受け入れる癖がついてしまうのです。

この例で言えば、叱責したり、威圧的・高圧的に接したりしてくる男性がいたとしても、頭では怯えながらも、「でも男性ってこういうものだよね」「でも仕方ないよね」と、反射的に受けいれようとしてしまうということです。

もしも子ども時代、叱責されたり、怒鳴られたりしたことが少ない人は、そうした威圧的・高圧的な男性がいたら、「この人怖い、離れよう」と瞬時に察して逃げることもできますが、家庭の中で我慢してきてしまった人は、「やっぱり受けいれなきゃ…」と、その関係にとどまろうとしてしまうのです。

過去のトラウマではなく、今、どんな愛を創っていきたいのか


こうした過去のトラウマに基づいた悪縁を変えたい場合は、こうした不適切な関係を受けいれてしまっていることを自覚することが大切になります。その上で、「もう私は、こういった威圧的・高圧的な男性と関わりたくない。優しい男性と関わりたい」というように、「あなたが本当は受けいれたい愛の形」を考えることが大切です。

たとえば、穏やかに過ごしたいかも知れませんし、失敗したとしても許し合えるような関係を、本当は心が求めているかもしれません。こうして家庭環境や過去のトラウマではなく、「あなたが人生で本当は達成していきたい愛の形」を選択し直すことで、自然に嫌な人から離れられる心が育っていきます。

一度、こうしてあなたの「受けいれられる基準」を作り直してしまえば、再び高圧的・威圧的な男性と出会ったとしても、その人から離れられる強さを持つことができるのです。

縁は、知らず知らずのうちに、私たちの心の形や思い込みを表しています。
けれど、あなたの人生は、これから先、どんなふうにでも変えていくことができます。
自分の心の癖を見抜き、愛の形を見定めて、あなたが求める愛を達成していってくださいね。
(斎藤芳乃)

2014.02.19

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP