> > 結婚したい20代女性は、10年前より増えている!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 結婚したい20代女性は、10年前より増えている!

厚生労働省が2012年10月、全国の未婚男女を対象に21世紀成年者縦断調査を実施し、10年前の調査と比較したところ、「結婚したい」と思っている20代女性は75.6%で、10年前より増加していたそうです。内訳は「絶対したい」が41.3%、「なるべくしたい」が34.3%、合わせて75.6%で、この結果は、婚活ブームが背景にあるとみられているとか。

一方、「結婚したい」20代男性は、「絶対したい」が26.5%で低迷し、「なるべくしたい」の35.4%と合わせて61.9%と横ばいだそうです。今回、増えていたのは女性のみ。婚活ブーム、男性にはあまり響いてないみたいですね。

また、男女とも、雇用や収入が不安定な「非正規労働者」が結婚を望む率が低かったそうですが、当然ですよね。かつては、結婚生活を営むのにどれぐらいの年収が必要だと言われていたのか、すぐには思い出せないぐらい数値が変わってしまいました。まじめに誠実に働いているけれど正社員ではなく、自分1人で生活するのにいっぱいいっぱいなため、結婚したい気持ちは山々なのに到底無理……と、ため息をつく婚活男子がなんと周囲に多いことか。
婚活女子もしかりですが、仮にキャリアを積んでそこそこの収入がある場合でも、今すぐに結婚して子供を持ちたいと思うと、このポジショニングを維持したほうがいいか迷う一方で、仕事人間のままだとなかなか婚活が進まないというジレンマもあります。

男女とも大したぜいたくなんて何もしていないのに、自分1人がぎりぎりというライフスタイルに慣れてしまっているんですよね。コンビニのせいというわけではないですが、毎日の生活がすべて1人で完結してしまっているんです、たまに寂しい時があるだけで。親世代から、2人で暮らしたほうが何とかなるものよ、と言われても全然実感がないわけです。

その調査で、現在交際している異性の有無を尋ねると、「いる」と答えた独身女性は37.2%、同様に独身男性は25.5%。男女とも所得が多いほど交際相手がいる割合が高く、男性の場合、「年収100万円未満」が17.2%、「300万〜400万円」が34.4%と、2倍の差がありました。もう、お金がなきゃ恋もできないのか!と毒づきたくもなりますよ。恋愛や結婚も旅行やブランド物購入のようにぜいたく品になっちゃってるみたい。愛することって、もっと人間にとって根源的に必要な生きる糧に近いものではないでしょうか?

また、厚労省は、10年前に調査した男女の動向も追跡調査を実施。10年前に結婚を望んでいなかった男性で、その後に結婚した男性は2割しかいなかったそうです。今回の調査結果を少子化対策に生かせると考えているようですが、どう生かせるというのでしょう。子供を安心して産んだり預けたりもできず、教育も生活もお金次第。そんな国でいったいどうやって?

とはいえ、文句を言ってても始まらないので、ここは前向きにシフト! 今の生活を維持できないと絶対嫌という人は一生独身がいいかもしれませんが、愛する人と生活する幸せについても積極的に考えてみてはどうでしょうか。2人でお金のかからないライフスタイルの具現化に向けて、ガチンコで取り組んでみましょうよ。カッコつけない。見えを張らない。気張らない。でも、ないものは自分たちで作る。一緒にいることを楽しむ。周囲に振り回されない……。一度、原点に立ち返ってみるといいかもしれません。 

世界的にもさまざまな価値観が変わり始めています。かたちじゃない心の豊かさや幸福感を大切に生きる時代。20代の女性たちが10年前よりも結婚したいと思い始めたのも、かつてとは違う新しい価値観で自分たちにふさわしい生き方を模索し始めたからだと思えてなりません。保守的な婚活男性たちはまだ迷ってるかもしれませんが、女性ならではの明るさとおおらかさで、今世紀の婚活ライフ、楽しみながら続けてまいりましょう! 
(稲木紫織)

2014.04.10

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP