> > 恋愛中ほどすれ違う? ワリカンにまつわる男女のホンネ

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 恋愛中ほどすれ違う? ワリカンにまつわる男女のホンネ

デートでの食事代、どっちが払う?という実に卑近な問題については、常に議論がなされてきました。はるか昔、女性の就業が一般的でない頃は、男性が払うものと決まっていたでしょう。けれども、男女同権になり女性の自立がもてはやされるようになってからは(それすらはるか昔ですが……)、一応、ワリカン?みたいな空気になっていると思います。

男女とも仕事するのがあたりまえになってしまうと、それは、もはや自立だけの問題ではなく、金銭感覚など人間性の問題に。そして現在、ここまで、男性の就業率の減少や非正規雇用率の上昇が顕在化してくると、女性が払うことも違和感はない時代。かといって、男性のプライドを立てて、帰り際にこっそりお金を渡す、もしくはお財布を取り出す振りだけでもすると、男ウケがよいといった精神的風土はまだ残っているみたいですね。
お金のことって価値観がモロにわかるから、結婚する場合、チェックすべき重要ポイント。みなさんはどう思っているのでしょうか?

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中な会員さんたちに実施した「デートは相手におごってほしい?」というアンケートを実施しました。回答例は「できればおごって欲しい」「少し多めに出して欲しい<出すつもり>」「ワリカンにしたい」「自分がおごりたい」「その他」の5択。(※<>内は、男性の場合の回答例です)

1位は、女性が「少し多めに出して欲しい」で46.1%、男性は「自分がおごりたい」で、それぞれ約半数。ちなみに、女性の2位は「できればおごって欲しい」で40%、女性の9割近くは、おごられるか、少し多めに出して欲しいと願っているんですね。ここで、男性たち、「だから、女ってがめついよな」などと思わないでくださいね。微妙な問題だけど、それ、違いますから。いや、そういう女子もいないわけじゃないけど、もっと人間の根源に起因することなんじゃないかな、と思います。どちらかといえば原始時代的な……。

「少し多め」派婚活女子のコメントで「きっちり半分にされると、なんだかとっても残念な気持ちになるんです」、わかる!「でも初回はおごって欲しい。たいがいお茶だと思うので……」、これもわかるなあ。「あまり出してもらっては負担になるから」もしかり。

「できればおごって」派婚活女子の「仕事でも男性と対等でやっているので、せめて恋愛の場面では女性扱いをしてもらいたいから」というコメントには、う〜ん、とうなりましたね。“女として扱われた感”は、恋愛一直線へのポイント高し。「自分がおごられるほど美しくないのだと反省する」「勘定=感情だから」というコメントがありましたが、そこまでギスギスしなくても。どんな美人だって、当然って態度だと男性は引きますから、丁寧な言葉遣いやマナーの美しさなど、“人間性”で勝負するほうが結局はいいと思います。

「おごりたい」派婚活男子のコメントで「相手の人柄を見極めるための授業料です。何度おごっても、それが当然といった態度や、財布を出すそぶりもないようならそれまで」、やはりシビアに見てますよね。「せめて、『ありがとう』と『缶コーヒー』は欲しい」というコメントも。これぞ、婚活女子の必須項目。ごちそうしたらすごく喜んでもらって、お礼を言われて、男らしさを刺激されて、自分を誇りに思える気持ちにさせられて、俺って幸せ者……もし、こんなふうに相手に思わせられないんだったら、女性はもう全員ワリカン!ということになっても仕方ないかも?

2位の「少し多め」派婚活男子の「ご飯目的の女性もいますし、無駄遣い」というコメントには悲しくなりました。ご飯目的って? そんな女子、います? 男性にそんなふうに思われちゃったら、ごめん、無理!としか言いようがありません。 せっかくご縁があってデートするのですから、おしゃれして笑顔で楽しませたいと女性側が思っていても、逆に「おごってやってるんだから……」みたいな態度の男性だったら、こっちからサヨナラです!

男性、女性問わず、お金というデリケートな問題だからこそ、気持ちよいデートができるよう、心遣いをお忘れなく。
(稲木紫織)

2014.06.05

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP