> > ウソをつくかつかれるか、恋人たちの深層心理を徹底分析

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム ウソをつくかつかれるか、恋人たちの深層心理を徹底分析

「ウソでもいいから愛してると言って」と「優しいウソならいらない」というのは、真逆のようで、実は同じ心情からきていると思います。ウソがいけないのはわかっているけど、どうしようもないぐらい好きになっちゃうと、あまりのせつなさに「ウソでもいいから」と「ウソだけは嫌」という気持ちがせめぎ合うのでは? いや〜、恋する気持ちって複雑なようで単純! でも、婚活中だと、もう少し冷静に判断する必要がありそうです。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中な会員さんたちに実施した「恋人がウソをついていると感じたら?」というアンケートを実施したところ、興味深い結果が出ました。回答例は「しばらく様子を見る」「ウソの内容によっては指摘する」「内容に関わらず指摘する」「特に何もしない」「その他」の5択です。

1位は、男女とも「しばらく様子を見る」で、女性65.5%、男性49.2%という高い数値。婚活女子のコメントを見ると、「できれば本人自身から話してほしいので、話してくれるのを待つ」「きちんとシッポをつかんでから行動でしょ」「どんなウソなのかによる……」と、いずれも納得のご意見。やはり、ウソの内容次第ですよね? 病気、生い立ち、友人の秘密、仕事の守秘義務など、すぐ浮かぶだけでも、“ウソも方便”的な部分ってあるわけで。ただ、ここで当てはまるのは、きっともっとピンポイントなウソですよね。かつての恋人と何年間も暮らしてたはずなのに、同棲歴はないと言ってるとか、過去に関係したことがあるはずの○○さんと会ったのはつい最近だと言ってるとか? うわ〜、だんだん探偵みたいな気分になってきました(笑)。

婚活男子の「なぜウソをついたのかな?と考えますね。自分が言えない環境を作ってる可能性も多々ありますしね。優しさからくるウソもあるでしょうし」というコメントに感動! 確かに「今まで何人ぐらいと付き合ったの? 深い関係になったのは何人?」って聞かれて、みなさん即答できますか? でも、こういう質問をぶつけてくる男子、意外と多いです。ウソというより、モジモジしてるところを変に誤解されるとすごく嫌じゃないですか? もちろん、逆もあるかもしれないけど、女子を困らせて喜ぶ男子って多いと思うんです。「即答できないほど多いの? やっぱりね」なんて、笑いながら言われたくないですもん。

2位も男女とも「ウソの内容によっては指摘する」で、女性26.4%、男性38.9%。男性のほうが検証する癖があるというか、実証したがる傾向が。婚活女子の「必要なウソも時にはあるかもしれません」というコメントには、人間性の幅を感じました。結婚って、相手の家族や交友関係など人間関係が広がるわけですから、自分が本当のことを吐露することで、誰かを無意識に傷つけてしまうケースが出てくるかも。自分の正義感に酔って他人を傷つけたくないですね。“自分に正直”ってすてきだけど、相手の気持ちも考えなくては。

3位の「内容に関わらず指摘する」派婚活男子で、「徹底的に論破して、悔い改めない限り攻めて責めていく。それが彼女のためになるからさ」というコメントがありましたが、彼女のため……という大義名分のもとに、自己満足になっていないでしょうか? 彼女のためになったとしても、彼女の恋心は崩れてしまうかもしれません。仮に自分が今までウソをついたことが一度もないとしても、誰かを徹底的に責めることで、周囲からも好かれなくなるのでは……と心配です。

誰しも、正しいことだけ言う人を好きなわけではないと思います。常に正論を主張するけれど、どうにも好きになれない人っていますよね。人間としての誠実さと、相手のゆるさを受けとめてあげられる包容力が共在してこそ、本当に魅力的な人間性なのではないでしょうか? 自分がちょっとの間違いも指摘せずにいられないとしたら、逆に相手からそうされたらどう思うか? そのあたりの相性が、結婚に至るか否かの分かれ道に通じると思うのです。知らんぷりしたり、聞かなかった振りができたりしたほうが、幸せになれる……そういうところもあるのではないでしょうか。
(稲木紫織)

2014.06.12

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP