> > 広い視野が大事!? 「ときめき」こそ婚活成功の第一歩

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 広い視野が大事!? 「ときめき」こそ婚活成功の第一歩

恋愛したい、結婚したい、と思っているなら、自分の心の状態がニュートラルな恋愛守備態勢に置かれていたほうが望ましいですよね。忙しすぎたり、悩みがあって心がウツウツとしていたりと、日々、様々な変化に気持ちが右往左往してしまいますけれど、あっ、あの人、素敵! と思えるテンションはキープしていたいもの。

どんな状況でも待ったなしの、雷に打たれるような恋に出会ってみたいとは思いますが、気持ちに余裕がないと大事なものも見過ごしてしまいそう。恋したいなら、ぜひ、さりげなくても周囲を視野に入れる姿勢でありたいです。ときめくことができなくなったら、婚活以前の問題ですから。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんたちに実施した「外出中、素敵な異性にときめくことは?」というアンケートを実施しました。回答例は「しょっちゅうある」「時々ある」「めったにない」「あまり周りを見ていない」「その他」の5択。その結果、1位は、女性が「めったにない」で40.3%、男性が「時々ある」で46.9%でした。婚活女子、異性への点数が辛口なのでしょうか? ビジュアルへの反応は男性の特徴?

婚活女子のコメントを見ると「好みの人がいないからかな」「素敵な異性を見かけることが少ないからです」という辛口派、「表面上のことではときめかないから」「話してみないと魅力がわからないため」という内面重視派、「外でたまたますれ違う人とは結婚につながらないから、容姿がよくても興味がわかないんだと思う」という結婚一直線派と様々。でも、ときめきって理屈じゃないと思うんですけどね。

婚活男子は「好みのタイプの女性を見た時」「笑顔が素敵な人を見るとときめきます」という直感派、「見た目だけですけどね」「隣りの芝生は青く見える」という理性派、「通勤途中の電車内は暇なので、つい(笑)」「出張先で、ハッとするオーラを発する女性を見れるのも数少ない楽しみの一つ」という仕事絡み派と、やはり様々ですが、やはり男性の視覚優位な直感のストレートさを感じます。

2位は、女性が「時々ある」で36.1%、男性は「しょっちゅうある」で23.5%。婚活女子の「お年寄りや困っている人に自然に親切にしている方を見かけると、格好良いなと思います」「レストランやデパートなどで、紳士的に自分の要望を店員に伝える姿勢を見た時」という具体的なコメントに納得すると同時に、婚活女子の内面重視を強く感じます。

婚活男子は、「外見が美しいとときめきます」「可愛いと(笑)」という直感派、「異性はすべて恋愛対象!」「ときめかなくなったら人生も終わりに近い」という恋愛至上主義派のコメントが目立ちました。多くの婚活男子が、容姿や雰囲気、好みのタイプにダイレクトに反応する傾向は顕著で、男女の明らかな差異を感じました。

3位は、女性が「あまり周りを見ていない」で18.8%、男性が「めったにない」で20.1%だったのですが、男性の「あまり周りを見ていない」は7.8%で4位。婚活女子の周囲への目配りのなさには驚きを禁じ得ませんでした。もちろん、女性の場合、好みの異性を探してキョロキョロ見回したりするガツガツした態度が好まれないのは当然としても、もっと日常的にときめいていないと、心が枯渇してしまわないか心配です。

それ以前に、日常生活を楽しんでいないのが問題かも。もう少しだけ視野を広げて、道端に咲く花や木々、日差しの移ろい、素敵な異性を視線に入れてもいいのでは? ゲーテじゃないけど、もっと光を! いえ、もっとときめいて、それが結婚に結びつくか否かという現実的な判断を下す前に、心が潤っていてこそ恋にも出会えると思います。
(稲木紫織)

2015.05.05

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP