> > 友達から恋人へって本当にありえる?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 友達から恋人へって本当にありえる?

結婚というのは、戸籍は変わるし周囲の認識も変わりますから、つい堅苦しく考えてしまいがちですが、要は愛し合う2人であることが基本であって、まず恋愛ありき、結婚はそれに付随するものなんですよね。

昨今、籍を入れていなくても、実際に一緒に生活しているから夫婦であるという事実婚だったり、一緒には暮らしていないけれど結婚しているという状況があったりと、個々の事情に合わせて結婚形態は様々に多様化しています。

同棲とはどう違うのか? という質問が出そうですが、それはカップルそれぞれの認識次第ではないでしょうか。昔のように、籍を入れていないから不真面目……みたいなイメージではとらえられない時代でしょう。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の会員さんの実際の体験談が寄せられる「婚活体験談」に、こんな興味深い内容が掲載されていました。「一度振ったお相手が友達から恋人へ」

投稿者の女性は、容姿を評価してメールをしてくる男性が多い中、自分の内面に惹かれて猛アタックしてきた現在の彼を、一度思い切り振ったことがあるそうです。それが、人間的な魅力を感じる部分があって友達になり、時々、一緒に食事したりするうちに、同性の友人といるような相性の良さを感じるようになったと言います。

普通だったら、結婚相手としてNGを出してしまったら、いくら人間的な魅力を感じていても、再浮上してこないと思うんですよ。結婚を焦る気持ちがあったり、婚活サイトでの出会いなのだから、ずっとキープしていては申し訳ない、早くイエスかノーか答えないといけないと思ったりして、見切り発車で結果を出してしまうことってありませんか? 

そんな状況にもかかわらず、この女性は自分の生理に忠実に行動しています。友達としてつきあわない? と提案したわけですよね。そして、少しずつ自然に二人の将来を考えるようになったのだとか。離婚を体験している彼女は、結婚という言葉に少し違和感を感じていて、カタチにとらわれない自由な関係性を求めるようになったのだそうです。

「手をつないでいるだけで幸せなこの感じ」という言葉からは、まさにカタチにとらわれない本当の幸せ感があふれていると感じました。「大切にゆっくり二人らしいカタチを作りながら生きていこうね」と、お二人で語り合っているとか。素敵ですね。

カタチから入る人もいるかもしれない結婚。でも、結婚さえすればいいのではなく、幸せでなかったら意味がありません。一番大切なのは、愛する人と出会うことではないでしょうか? 結婚できなきゃ意味がない……と焦っている方は、一度考え直してみたいポイントです。カタチではなく本当の幸せを得るために。

この女性は、プロフィールには、ありのままの自分を表現して細かく書き込み、自分の願望を徐々にはっきりさせていったそうです。あまりマイナスのことは書かず、明るさを漂わせていると、必ずオンリーワンが引き寄せられると語ります。また、届いたメールは無視などせず、誠実に対応することが望む出会いに繋がると思うとのこと。普通だったら、選り分けてそれっきりの人も多いのではないでしょうか。彼女の貴重なアドバイスの数々、ぜひ意識してみてはいかがでしょう?
(稲木紫織)

2015.05.23

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP