> > いつまでも恋が実らない婚活女子の特徴

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム いつまでも恋が実らない婚活女子の特徴

恋愛したい、結婚したいと、ノドから手がでるほど切望している婚活女子であっても、つい“待ち”の姿勢をキープしてしまっていませんか? プロフィールはかなり自分らしく表現しているし、メールをいただいたら、礼儀正しくいい感じで受け答えする準備もできている、会うことになったら、ファーストデートに着ていくワンピースも決めている……のに、相手から誘われるのをただ待っているだけ。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の会員さんから実際の体験談が寄せられる「婚活体験談」には、複数の人と会うことで、ネットを通じた出会いへの偏見がなくなり、メール交換や実際に会うなどするうちに、こういう出会いも全然アリだと思うようになった、というお話がありました。
最初のうちはネット婚活って大丈夫なの? と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

その方いわく、「会わないと何も始まらない」。メールのやりとりだけで舞い上がっていたり、楽しく満たされていたりする時期もあると思うのですが、実際に会うと判断できるわけですよ、この人との相性はどうだろうとか、一緒に生活したらどんな感になるだろうとか。もちろん、会うことにこぎつけるまでが大変! という意見もあるでしょう。

でも、だからこそ「待ってるだけじゃダメ」と彼女。周囲の同世代の婚活女子たちは「なかなかいい人っていないよねぇ〜」と、いつまでも受け身の女性が多いとか。それでいて理想は高いままなのだそうです。自分からは声をかけない。相手からのアプローチを待っているけれど、実際アプローチされると、つい上から目線の減点法になってしまったりして。それは悲しい負のループだと思うのです。

ただ待っているだけでは何も変わらない


“待ち”をキープしていると、自分からは批評したり批判したりする姿勢になりがちなのではないでしょうか。視点を変えて、自分から惹かれた相手にメールを出すほうが、展開が速いと彼女は語ります。女性が積極的に動いている人にチャンスが多いと感じると。

確かに、待ちの姿勢でいると、基本的には相手のペースに合わせることになりますから、相手が忙しかったりするとなかなか進展しません。実際に会うまでにこぎつけるのに多大な時間がかかる場合もあるでしょう。相手が自分をどう思っているのか、好意を持っているのに忙しいだけなのか、好意がないのかすらわかりにくかったりするし、相手に対する自分の気持ちも定めにくいはずです。

それが、気になるプロフィールの相手、仲良くなれそうな印象のある相手に、自分からまずメールしてみると、何カ月もああでもないこうでもないとやりとりしながら、どういう人間性だかイマイチつかめないおつきあいばかりだったのが、一瞬でクリアになる場合があると思います。こちらの好意的な姿勢を感じられた相手は、ストレートに気持ちを表現するスタンバイができたわけですから、あとは直球か変化球を投げるのみ。非常に発展性があるといえます。そして、そこからが本当のスタートなのです。

自分の気持ちに正直なアプローチを


もちろん、途中で違うと思ったら、「ごめんなさい」の場合もあるでしょう。でも、自分からアプローチしていると、ウソ臭いお断わりの仕方でなく、誠意を持って的確な言葉を選べると思うのです。いろいろな意味で、自分が正直でいられると思います。

自分からなかなかアピールできないのなら、今一度、考え方を見直してみようと思いました。自分は決して理想なんか高くないと思っていても、でも身長が、だって収入が、住んでいる場所が離れていて……などと、当然のようにマイナスポイントを挙げたりしていないでしょうか? 積極的にアプローチすることで、出会いのチャンスは格段に増える、という体験談にグッと背中を押していただきました。
(稲木紫織)

2015.05.28

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP