> > 男子はちょいダサがいい!? 頭を悩ませるデート服選び

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 男子はちょいダサがいい!? 頭を悩ませるデート服選び

素敵な人に出会い、いざデートにこぎつけたとして、次に頭を悩ますのは何を着ていくか? ではないでしょうか。自分を一番素敵に見せてくれる服を選びたいけれど、いくら脚が自慢で夏は短パンばかり履いていたからといって、初デートではいかがなものか? などなど。 

デートの内容にもよりますが、特に、TPOに合っていなくて、常識やマナーが欠落している女性だと思われたくありませんよね。かといって自分を偽ってまで真面目過ぎるのもNG。せっかくなら適度な女性らしさを演出して、相手に“女性っていいなあ”と思わせたい。下品なのは嫌だけど、多少の露出はアリかも…と気持ちは千々に乱れます。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中の会員さんたちに「デートの服選びで困ることは?」というアンケートを実施しました。回答例は「自分に似合う服装がわからない」「コーディネートが難しい」「体型に合う服装が少ない」「困らない」「その他」の5択。みんな、どんなことで悩んでいるのかな?

頭を悩ませるデート服選び


1位は、女性が「コーディネートが難しい」で26%、男性は「自分に似合う服装がわからない」で47.4%と、男女がまったく違う方向で悩んでいることがわかりました。婚活女子のコメントでは、「TPOに合わせるのが難しいです」「気に入ってるものと、季節と、流行の兼ね合いとか、考えることいろいろありますよね」「媚びてない程度には女性らしさを出したいので、どうしたらいいか悩みます」と、まさに納得することばかり。

それに対して婚活男子のコメントは、「何を着ていいかわかりません」のオンパレード。今まで、そんなに服装のことを考えずに生きてこれたのか? と逆に驚いてしまいます。それを許してきたのですよね、日本の社会は! 日本の女性は!! 中には「相手にコーディネートをお願いしたいです」というコメントまで。男女の温度差は激しいものがありますが、逆に言えば、婚活女子側からはハンドルしやすいということかもしれません。

男性がお洒落過ぎてパリコレがどうの、今季のマルジェラはどうの…と言われても口あんぐりじゃないですか? こちらがファッショニスタであることを求められるより、ミニスカートを履いて行ったら、ドキドキしてくれたりするほうが嬉しいですよね。婚活男子には、仕事着以外で着るちょっといい白いシャツを勧めましょう。ボトムはジーンズでもカーゴパンツでも、とにかくそれで何とかなるはず。けなすより褒める方向でぜひ!

2位は、女性が「体型に合う服装が少ない」と「困らない」が24%と同数。男性は「困らない」で19.3%でした。「ナイスバディなら何を着てもOKですが…」という婚活女子のコメントは、“それを言っちゃあオシマイ”発言ですよね。あるパーソナルスタイリストの方によると、着ること=生きることだそうですよ。自分に似合うもの、自分らしいものを選べてこそ大人。お金を使うのではなく、頭を使って服選びを楽しみたいですね。

「困らない」男女が2割ずつ存在する、というのは頼もしい限り。婚活女子の「自分の着たい服を着ていると似合うようになる法則、あると思います!」というコメント、素敵だなあと思いました。自分の好きな自分でいられると、穏やかで優しい自分のいい面が出るような気がしませんか? そこに婚活中であることをちょっとだけ意識して、女性らしさを大切にすると、好感度はグッと上がるはず。どんな男性でも、たとえパンクミュージシャンでも、女性のコンサバティブな服装を嫌いな男性は一人もいませんから。

「いつもの自然体で」とコメントした男子、いいなあと思いますね。そういう相手だと、自分も自然体でいられる気がします。こだわり過ぎる必要はないけれど、服装はとても大事。相手と、そして自分へのマナーとして、尊厳を持って選びたいと思うのです。
(稲木紫織)

2015.09.08

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP