> > 就活も婚活も一緒? 相手が求めるスキルを身につける方法

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 就活も婚活も一緒? 相手が求めるスキルを身につける方法

ただ亡羊と活動していても、何も進展しなかったりするのが婚活です。自分らしい結婚をして幸せになるためには、もっと的を絞った活動が必要なのでは? そう思っていた時にガツンと参考になったのが、婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の婚活体験談に寄せられた「まずは自分が変わることが大事!」という、39歳の女性による投稿です。

彼女は、長くおつきあいしていた方と36歳で別れ、それから何人かとおつきあいしたものの結婚には至らず、気がつけば38歳……という時に、本気で婚活して、39歳で結婚なさった方。しかも、限りなく恋愛結婚に近い婚活結婚だそうです。素晴らしいですね!

就活と婚活の共通点とは


その女性いわく、「婚活は就活に似ている」とのこと。つまり就活が、企業が求めるスキルを身につけてから試験に挑むのと同じで、よいと思えるお相手が、どんな女性を求めているかを分析し、そのような女性を目指すことも重要だ、というのです。確かに、敵情視察が足りなければ、いくら玉を撃っても当たりませんよね。大人っぽい色香のあるタイプが好きな男性に、アイドル系のメイクや服装で迫っても疎ましがられるだけ。

ネット婚活の場合、プロフィールで相手の好みが把握できるのですから、それを分析しない手はありません。自分に嘘をつくのではなく、自分との接点を見つけて、できる範囲で近づけてみる。少なくとも、相手をこちらへ振り向かせる努力をしてみる。それをするか否かの違いは、非常に大きいと思います。

彼女によれば、「婚活も就活も需要と供給のバランスなのだから、まずは自分が変わること。30代後半ならなおのこと」と、力説します。
そして、彼女は「年齢相応の女性らしさを意識して、恋愛がいつでもできる自分でいること」と強調しています。若く見せたくて、ついギャルっぽいかわいい系の服装をしてしまったり、目の周囲を黒々と囲んでしまうメイクがやめられなかったり……。お肌や健康状態、スタイルキープのための節制、穏やかで安定した精神状態にも留意し、疲れていても外出する時は、お洒落に気を抜かない……などのことが、本当に求められていることなのだと思います。

うまくいかなくてもポジティブに!


その上で、「需要と供給の問題だから、ダメだったとしても、いちいち落ち込まないこと」と、ポジティブに次へ進むことを勧めています。「婚活のすべての手段を利用して、期限を設定して集中して動くこともポイント。その期間は絶対あきらめないこと。女子会にも行かない」と、明言。

それから、「シングルでいる可能性もある、という気持ちの強さを持つこと」とのアドバイスが。確かに、そういうことから目を背けるより、その可能性も受け容れたうえで、ある種達観して生きるほうが、自分の表情も明るくなるような気がしませんか? 仕事をしているならキャリアアップを考えたり、両親との生活を楽しむ気持ちを持ったりすることも大事だそう。現状に不満を持つより感謝できたほうが、人として素敵ですよね。

「あきらめない気持ち、たくましい気持ちが大切」と、彼女は続けます。結局、「自分がどうしたいか、それにはどうするか?」なのだと。そこまではっきり目的意識を揺さぶられたら、あとはもう行動あるのみ、ではないでしょうか?

婚活中なら、今、何をすべきなのか? そこに自分を追い込んでいけるよう、自分自身を軌道修正したいですね。目標を設定し直し、幸せな婚活・結婚の海路へと舵を取りたいものです。
(稲木紫織)

2015.10.20

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP