> > やっぱり人は見た目が大事? 相手のデート服に対する男女の本音

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム やっぱり人は見た目が大事? 相手のデート服に対する男女の本音

一昔前はきっと“人は顔じゃないよ。心だよ”みたいな言葉がまだ生きていたかもしれません。しかし、これだけ洋服が豊かに安価になっている現在、全くの無防備状態は人格の喪失と同じと言えるほどのマイナスポイントです。

特に婚活中は、人間性や常識、好感度をまず外見から判断されていくと言っても、過言ではないでしょう。かといって、急にカッコつけたり、妙に着飾ればいいわけでもない。結婚したいと思える年齢になる頃には、自分のスタイルが決まっているといいのでしょうね。お洒落大好き派でも、あまりこだわらない派でも、様々でいいはず。ただ、服装が、相手にアピールする重要な第一歩になる、と認識しているか否かで違うと思うのです。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中な会員さんたちに、「デートでお会いした異性のファッションの感想は?」という生々しいアンケートを実施しました。回答例は「完璧!」「(女性の回答で)格好いい、(男性の回答で)キレイ」「あと一歩」「イマイチ」「正直微妙」の5択です。

正直微妙派が多数


結果は、1位が女性は「正直微妙」で34.1%、男性が「キレイ」で30%。女性の3人に1人は、相手の男性を「微妙=ダサい(?)」と思っているのに、男性は「キレイ」だと思ってくれているのです。婚活女子で「よれよれでしたね。お話が楽しい方だったのでもったいない」とコメントした方は、お話は楽しんだのに、おつきあいに至らなかったとはもったいない! 男性側との温度差が残念です。「センスの良い方に会ったことがない」というコメントも。決してファッショニスタの彼氏が欲しいわけじゃないと思うんですけどね。

「キレイ」と言ってくれる婚活男子の場合、「だいたいそう思うもん」「ファッションがいいと、気持ちが盛り上がります」と、素直なコメントでほっこりします。このユルさはある意味、貴重ですよ。「そのネイルアート、リングと合ってないんじゃない?」なんて男性に言われた日は、女やめたくなりますからね。つくづくバランスだな、と思います。

2位は、女性が「イマイチ」で25%、男性が「あと一歩」で26%。婚活女子の「よれよれのポロシャツを着てこられたのを見て、正直、本気度を感じられなかった。清潔感がほしかった」というコメント、これが女性全員の正直な気持ちですよね。服装=本気度を測られる、と思っていない男性が多過ぎます。とはいえ、「初めての時、素敵と思ったけど、2回3回目会った時も同じ格好でした」というコメントも。お店で受けたアドバイス通りのスタイリングじゃ、応用効かないですもんね。せめて数パターンは用意しないと。

「あと一歩」と回答した婚活男子で、「子供っぽい」というコメントが気になりました。こればかりは好き嫌いの個人差が激しいですから。AKB48にキャーキャー言ってるのに、大人っぽいスーツ姿の女性が好きという男性もいれば、40代でガーリー好きな男性も。気になる相手の好みを知って、ある程度は合わせてみたいけれど、無理は禁物です。

3位が、女性は「あと一歩」で22.7%、男性は「イマイチ」で24%。女性は厳しい視点から、男性は甘い視点から、反比例している感じです。婚活女子の「時計が安っぽかった」というコメントには、よく見てるなあ、と感心しました。あまりスゴいブランド物でも引きますけど。いや、お金持ちそうでいい、という女性のほうが多いのかな。

未選択派の婚活女子で「服装はあまり気にしません」というコメントも多数ありました。異性を外見で判断しない女性も少なくないのは素晴らしい。ただ、内面への審美眼はより厳しくなると思うので、やはり常識と清潔感は意識するのがデフォルトでしょう。
(稲木紫織)

2015.10.22

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP