> > 「どうして独身なの?」 既婚者からの余計な一言にイラッとせず平常心を保つ秘訣

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 「どうして独身なの?」 既婚者からの余計な一言にイラッとせず平常心を保つ秘訣

婚活中だと人に話すと、「わかりました。どういうタイプがお好きですか?」と正しく好ましい反応をしてくれる人はほとんどおらず、何か一言、返ってきませんか? 多いのは、「高望みなんじゃないの?」とか「どうして今まで独身なんですか?」と、反対に質問されるケース。もちろん悪気でなはく、なるべく当たり障りなく関心を示そうとするとそういう反応になってしまうのはわかるのですが、毎回だとちょっと……。

「エキサイト恋愛結婚」の婚活相談室に寄せられた、「既婚の友人からの言葉に傷ついてしまいます……」という30代半ばの女性からのご相談を読んでいたら、“あるある”と、うんうん頷いてしまいましたよ。彼女も、既婚の友人たちから「早く(結婚)しないとやばいよ!」「子供って本当にかわいいよー。早く産んじゃいなよ」などと、言われまくっているそう。これはもう、針のむしろ、いや、地獄ですね。

既婚者だから偉いの?


結婚していて子供がいるほうがいいのは百も承知で、地道に婚活しているというのに、これでもかこれでもか! と言葉責め。本人は心配してあげているつもりなんでしょうが、そういう言葉による二次災害、三次災害を、自分が相手に降りかけていることには自覚ナシ。心配しているというより、もしかして自分の幸せ自慢? な〜んて、つい意地悪なことを思ってしまいそうになりますよね。

相談者の女性も、ちょっぴり弱音を吐いておられます。「私だって、早く素敵な人と出会いたい。幸せな家庭を築き、子供も欲しいと思い、仕事も婚活もがんばっている。でも、簡単にそれらを手に入れた(ように見える)人たちには、努力しても簡単には叶わないこともあるってわからないのでしょうね」。そして、「彼女たちとはずっと仲良くしてきたし、私を心配してくれているから、そういう遠慮のない言葉をかけてくるのはわかっているけれど、何度も同じ話をされるとやはり傷ついてしまう」と。

「もう、笑って受け流せなくなりそうだけれど、どうすればいいでしょうか?」というご相談です。とはいえ、悩みのない人っていないと思うのですね。結婚していても子供がいない人は、それこそ「子供はどうした?」コールでプレッシャーを感じているかもしれません。もしかしたら、つらい不妊治療中かもしれないし、何度も流産を重ねて、心身ともに限界だったりするかもしれないのに…です。

子供が一人だと、「二人目、産まないの? 一人っ子っじゃかわいそうよ」などと、何の根拠もないことを言われたり、ワーキングマザーは子供に何かあるたび、「お母さんが仕事してるからじゃない? 子供さんがかわいそう」なんて言われてキレそうになったり。仕事を続けたいのに、出産が続いて再就職が難しくなった女性は、せつない思いがあるでしょう。せっかく出産したのに、育児ノイローゼになる人もいるかもしれません。

思いやりのある行動を


誰だって、自分の立場はさておいて、相手のことが気になるもの。友人だったら、励ましたい気持ちもあって、つい気安く言葉をかけてしまうのではないでしょうか。そういう言葉に惑わされてはつまらないと思うのです。「ご主人のお母さんとは仲良くできてるの?」なんて意地悪なことを聞いても仕方ありません。ああも言われた、こうも言われた、と思い出して、負のループにはまらないことが大切です。

まず平常心。でも、キレイごとじゃ続かないから、友人たちにもそれぞれ悩みがあるはず……と心に念じて、自分だけがつらい立場だと思い込まないこと。婚活中は、既婚者の言葉はすべて上から目線に聞こえてしまうものですが、あまりにそういう態度が気になる友人とは、少し距離をおいていいと思うのです。ニコニコしていられる友人とだけ付き合いましょう。平常心さえ確保できれば、きっと結果はついてくると思います。
(稲木紫織)

2015.11.20

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP