> > 自分で作った条件に縛られてはダメ 「一緒にいたい」の感覚が大事な理由

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 自分で作った条件に縛られてはダメ 「一緒にいたい」の感覚が大事な理由

年齢的に若いとはいえない、しかもバツイチで子供がいる女性の場合、条件的に決して有利でないとわかっていても、相手に対しては、まず子供を愛してくれる人であるとか、要求する条件も高くなってしまうものではないでしょうか?

子供のために、いいお父さんになってくれる人、その上で、自分と恋愛できる人。ということで、自分よりかなり年上でもいいけれど、できるなら子供がいないお相手だといいな……などなど。自分は一歩引いた位置で、そんなふうに考えて、条件として縛りをかけてしまう。バツイチ子持ち女性には、そんな傾向があると思うのです。

自分で作った条件に縛られてない?


婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」に寄せられた婚活体験談で、ハッとさせられた経験談がありました。43歳で、子供のいる女性からの体験談です。彼女は、ご自身の年齢のことや、お子さんがいることもあって、入会した最初の頃は、年上の独身の方を希望していたそうです。
ところが、同い年の子持ちの男性から、アプローチされたそう。この女性の素敵なところは、そこで「その男性はナシ」と判断せずに、まず会ってみよう、と行動したんですね。行動力に拍手です!

お会いしてみたら、初対面にもかかわらず、安心感があったそう。それも、彼女のみならず、お互いに癒しを感じたとか。「初対面なのに初めて会った気がしなかった」「リラックスしていつまでも話していたいと思った」という台詞は、恋に落ちた男女が、よく相手に対して語る言葉ですよね。

何十年つきあっても、全然リラックスできないどころか、落ち着かなくてイライラする相手だっているのに、人間の潜在意識ってすごいなあ、ちゃんとそういう相手はわかるようにプログラミングされてるんだなあ、と思いますよね。このお二人も、その日から、おつきあいすることを決めたそうです。

「希望とは違う方との出会いでしたが、この人を逃してはダメだと強く感じました」と、彼女は語ります。この女性のさらに素敵なところは、一度自分で設定した希望条件から、すんなりと自分を解き放つことができたこと。本末転倒してはつまりません。一番大事なことって、好きな人と出会えることですもん。そのために、いろいろ条件とかを設定して目的を絞っていこうとしてるだけ。それが、日本人はみんな真面目だから、つい本末転倒してしまっても、それに気づかなかったりするんですよね。

「ずっと一緒にいたいなあ」と思えるか否か、が一番大事! 彼女も、「条件や希望はたくさんありますが、まずは相手を好きになれるか、が大切なんだと感じました」と。それがあってこそ、離婚歴が何回あろうが、子供が何人いようが、乗り越えていけると思うのです。

独身であるとかバツイチであるとか、子供がいるいないにかかわらず、自分で作った条件に、自分が縛られている人が多いような気がします。まずはお会いしてみること。それが一番大事なのではないでしょうか。

自分を守ることも大切だけれど、臨機応変に頭を切り替えることで、きっと風通しがよくなるはず。成功する婚活のヒントは、意外に身近なところにありそうです。
(稲木紫織)

2015.12.09

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP