> > 年末年始ゴロゴロしながらでもできる、良い出会いをつかむ努力

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 年末年始ゴロゴロしながらでもできる、良い出会いをつかむ努力

年末が近づくと、今年も結婚できなかった……などと思ってしまい、師走の街を歩く自分の背中を押す北風が、ことさら冷たく感じられたりしませんか? そんな気持ちでクヨクヨ過ごすより、今、自分にできることに目を向けて、地道にコツコツ行動しましょう。行動することで流れが変わりますよ。

年末年始、周囲の幸せムードがせつない独り者ではありますが、普段、仕事が忙しいとなかなか緻密にチェックできない婚活サイトを、この際、しっかり見直せるという利点もあると思うのです。婚活しているといっても、最初は亡羊とした海に一人で漕ぎ出すような気持ちですよね、しかも決して豪華ではない手漕ぎボートかなんかで。

ネット婚活の場合、出会いはメール。プロフィールの第一印象からすべてが始まるといっても過言ではありません。これで本当に、恋愛結婚したくなるような相手と出会えるのかしら? 誰しも間違いなく不安を感じるはずです。ただ、メールの先には確実に生きた人間である生身の相手がいて、同じように不安を感じているのも事実。メールのやりとりが始まれば、すぐさま相手の息吹きや存在を生々しく感じることでしょう。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」に寄せられる婚活体験談で、幸せ退会した会員さんからの喜びの声である「卒業メッセージ」を見ていたら、やはり、登録したての頃は「合う人が見つかるかなぁ」と思ったという30代の女性からの体験談が目に留まりました。この女性は、何通ものメッセージをいただいた相手の中から、厳選して数人に絞って返信したところからご縁が始まったそうです。

やっとつかんだ出会い


数人に厳選、というのがまず重要ですよね。もちろん、それだけメールをいただけているのも羨ましいといえば羨ましいわけですが、ある程度、メールをいただいたら、誰ともただダラダラとやりとりし続けてしまわないで、自分の正直な気持ちに従って、この人と続けたいなあ、と思える人を選ぶ。いろいろ迷いもあるかもしれませんが、これがネット婚活のスタートライン。恋愛に結びつきそうな相手を自分で選ぶ第一歩です。

彼女は、その上で「メールのラリーが続いた男性と意気投合」したというのです。メールのラリーって、いい感じで続く人と続かない人がいますよね。趣味は合っているはずなのにタイミングが合わないとか、このメールには即レスが欲しかったのに、宙ぶらりんなインターバルが空き過ぎて、何だかどうでもよくなっちゃった……なんてこと、ありませんか? 逆に、イマイチだと思った相手が、いきなりスマッシュヒットを放ってきたり、いい湯加減でキープしてくれる場合もあり、メールといえども決して侮れません。

この女性は、メールのラリーが続いた男性と実際にお会いしてみたそうです。そして、結婚を前提におつきあいすることになったとか。素晴らしいですね。まさに、継続は力なり! ラリーを続けたいと願う気持ち、丁寧に対応する心遣いは、必ず相手に伝わるものだと思います。それが、愛情となって育まれていくのではないでしょうか? 彼女も、「すごく嬉しいです。始まったばかりなので、まだ未来のことはわかりませんが、大事にしていきたいと思っています」とのこと。

最後に、「フィーリングとご縁を大事に」とアドバイスをくださいました。亡羊とした海に漕ぎ出しながら、自分で舵取りをして、ひとつひとつ手探りで手応えをゲットしてきた人ならではの、力強いポジティブさを感じました。時には、海が荒れて目的を見失いそうになるかもしれないけれど、周囲からの言葉に右往左往してしまうこともあるだろうけれど、メールのやりとりを丁寧に続ける…と決めることで、フラつく心を立て直したいなと思いました。希望に満ちた新年を迎えるために、リフレッシュしましょう!
(稲木紫織)

2015.12.28

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP