> > 結婚なんて無理…という状況を乗り越える婚活の力

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 結婚なんて無理…という状況を乗り越える婚活の力

結婚したい! と思って婚活を始めようとする時って、自分が果たして結婚してやっていけるのだろうか、といろいろ想像をめぐらせると思うのです。自分は結婚するに足る大人(年齢のことではなく)だろうか、心身ともに健康でちゃんと相手を幸せにできるだろうか、何かから逃げたり甘えたりしていないだろうか、絶対幸せになってやる! などと。

とはいえ、様々な問題を抱えていて、自分をイマイチ積極的にアピールできない状況だという方も、少なからずいらっしゃるかもしれません。たとえば、失職、親の介護、自分の病気といった、誰しも可能性のある問題の場合、とても他人事とは思えません。特に、自分の病気は、病状によっては、体の心配以外に、結婚できるか否か、という心配も含まれますから、精神的にも非常にしんどいと思います。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」に寄せられる婚活体験談の中で、「病気で諦めかけた婚活…」という体験談を見つけました。48歳の女性で、海外で生活体験のある方です。この女性は、かつてガンを患い、「もしかしたら結婚は無理なのかな」と思ったとか。

最近、40代のみならず、30代、20代でもガンに罹患する人が増えていますから、結婚前に闘病を体験する場合もあるでしょう。もちろん、治癒率もものすごく上がっているので、大病したとは信じられないくらい元気になる人も多いわけですが、いざ結婚を前にして、迷いや不安を感じてしまうのは当然だと思います。

でも、この女性は「いや、諦めない」という気持ちで婚活を始めました。しかも、いろいろな人たちとお会いする中で、今までの生活や病気で体験したこと、気づいたことを正直に話したそうです。これは、なかなかできることではないと思います。すばらしい勇気ですね。彼女のポジティブな姿勢にとても感銘を受けました。

そして、彼女いわく、正直な姿勢を貫いたことで、相手の「本当の性格というか、価値観を測ることができて、よかったと思います」とのこと。正直さと真摯に生きる姿勢に脱帽です。だからこそ、普通なら遠回りを繰り返してやっと見えてくるだろう相手の人間性、本性を、彼女はダイレクトにゲットできたのです。それを、「いくつもの踏み絵みたいなものをクリアしていくのが、人生なのかもしれません」と語っています。

「その時に、どれだけお互いを認め合い、受け入れ、助け合って生きていけるか…が、根底にないと、ちょっと好きなくらいでは、結婚しても長くもたないのでは…」と想像していたそうです。本来は、みんな、結婚前に意識しておくべき大切なことですよね。そういうことを想像せずに、ハッピーなことしか認めないでいると、何かあった時に「こんなはずじゃない」と思って、安易に別れてしまうのではないでしょうか。

彼女の示唆的な言葉が胸に響きました。この女性は、その後、バツイチの男性と出遭います。「彼もそれなりに苦い人生経験をしているので、その上で、これから生きたいという方向性が合致していて、お互いを大切にいたわりあって生きていけそうな気がしました」と、彼女は幸せそうに結んでいます。そんな方と出会えてよかったですね。諦めないで婚活を続けていて、本当によかったですね。心から幸せをお祈りしています。

生きていれば良いことも悪いこともあるでしょう。つらい体験を、事実は変えられなくても、感じ方を変えて人生の参考書にしていけたら、こんな素晴らしいことはありません。自分のつらさが軽減するだけでなく、相手の痛みも感じとれる懐の深い人間になれると思うのです。何より身に染みたのは、婚活を諦めないということ。結婚なんて無理…と決めてしまわずに、婚活し続けることが大切だと、心の底から実感したのでした。
(稲木詩織)

2016.01.18

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP