> > 再婚で得られる幸せは、きっと初婚より味わい深い

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 再婚で得られる幸せは、きっと初婚より味わい深い

現在、日本のカップルは、約1分49秒に1組の割合で離婚しているとか。3組に1組が離婚している計算になるそうですが、これだけの離婚率だと、再婚、再々婚の婚活者も全然珍しくありません。ただ、再婚の場合、ちょっと小地味に婚活中であることをアナウンスする人も多いようですが、そんなに引け目を感じないでほしいと思います。

もちろん、離婚はできるならしたくありませんよね。ただ、その事実は変えられなくても、離婚から学んだことを参考にして、さらに幸せな再婚をゲットできるなら、つらい体験も決して無駄になりません。人の心の深淵や痛みを知ることで、一回り大きな人間性を得られれば、自分自身と周囲を初婚以上に幸せにできるでしょうから。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の婚活相談室に会員さんたちから寄せられる体験談を読んでいたら、39歳の女性からの「年の差・バツイチを乗り越えて…」という体験談に感銘を受けました。離婚して、娘さんを一人で育てている女性です。

「彼と直接会ってから半年、結婚する運びとなりました」とのこと。お相手は一回り年上で、健康面でもいろいろ問題のある方だそうです。それが、「私のことも、娘のことも、優しく迎えてくれる人と出会えて、今、とても幸せです」と彼女。自分だけでなく、血の繋がらない子供のことも、ちゃんと受け入れてもらえるのは本当に嬉しいですよね。

再婚婚活者の中には、子供のいることを最初から公言していると、出会いの幅が狭まってしまうだろうから、出会いがあるまでは言わずにいたい、という方がいらっしゃいます。でも、それはやはりフェアではないし、まず、一番愛しているお子さんに失礼です。そして、後から打ち明けられるお相手にもショックが大きい思います。考え方はそれぞれですけれど、お子さんのいらっしゃる方は、最初に子供ありき! ではないでしょうか。

この女性は、娘さんの学校の都合もあるので、一緒になることを決めてから引っ越したそうです。「とてもあわただしいことになってしまいましたが、忙しいのも疲れるのも、どちらも苦にならないのが幸いです」と、チャーミングなおノロケも。思わず、「ご馳走さま!」と言ってしまいそうです。心から、おめでとうございます。

とはいえ、婚活中はくじけそうになることもあったとか。再婚だと、つい自信を失いがちですよね。初婚の人がメインストリームで、自分はどうせ…とアウェイ感でいっぱいになってしまったり。でも、この女性はくじけませんでした。「ちょっとがんばれば良い結婚に繋がるんだということを、今は実感しています」。素晴らしいですね。

そして、「プロフィールだけじゃないんだなあ、というのも実感。プロフィールやメールだけで秤にかけるより、やっぱり会ってみないとわからないことって、いっぱいあるんですね」と、貴重なアドバイスをくださいました。実際に会ってみる前に、プロフやメールの段階であれこれ迷い過ぎではないでしょうか、私たちって。いざ会ってしまうと、傷ついた時につらいと思い込んで、なるべく会う前に判断しようとしてしまったり。

でも、そんな迷いがちな背中を、彼女はポンと押してくれました。「どうかなあ…と思いながら会ってみた彼ですが、今はとても幸せです」と、最後に結んでいます。

再婚だから、というエクスキューズなしに、お相手のことをストレートに見つめる視線も素敵です。年齢差も体調面の問題も乗り越えるものを、再婚相手に見いだせた彼女は、きっと新しい家庭の幸せのために、すごく尽力していかれるのではないでしょうか。そんな結婚は、きっと初婚よりはるかに味わい深いはず、と思わずにはいられません。
(稲木詩織)

2016.03.02

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP