> > 2013年、新たに気持ちを切り替えてハッピー婚活へシフト!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 2013年、新たに気持ちを切り替えてハッピー婚活へシフト!

新年を迎え、ああ、また1年を独身で過ごしてしまった! 「今年こそ!」と念じた去年の元旦が昨日のことのように思えるのは齢のせいか、はたまた何もなかったせいか?  その癖、神経は疲れてしまっていて、初心すら原型を留めていないような気分。本当なら結婚相手とお屠蘇を酌み交わしたり、神社に初詣に行っておみくじを引き、大吉だ小吉だと楽しく笑い合ったりしていたはずなのに……などと思い迷う必要はないと思う。

婚期を決めるのは世間ではないし、早ければいいわけでもない。今年という婚活タイムはまだ始まったばかり。焦る気持ちやプレッシャーをゆったり楽しめる気持ちにシフト!
疲れたら休む。自分らしさを大事にしながら可能性を広げるために、新たな気分でハッピー婚活をスタートしたい。そう念じることがまず大事なのではないか。婚活できるってハッピーなのだと! 違う? その意識にすべてが従ってくるような気がするのだけれど。
いろいろな婚活があるが、最も現代的なネット婚活中の方々はどう感じているだろう? 
婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中の会員さんに実施した「2013年の婚活は?」というアンケートによると、「引き続きネット婚活で頑張る!」という回答が男女ともに1番多く、女性35.8%、男性43.5%。次は、やはり男女とも「パーティーなどのリアルイベントに(も)参加したい! 」で、女性30.8%、男性27.4%。3番目が、同様に「まずは(初心に戻って)自分磨きをしたい! 」で、女性17.6%、男性12.6%。その次も同様に「一旦、結婚のことは忘れる」で、女性9.4%、男性11.2%という結果。

婚活女子のコメントは、「ネット婚活は比較的効率がいいと思う。お話ししてみたいと思う相手なら返事もしたいし積極的にもなりますよね。よほど若いならともかく、初心に戻るとか一旦忘れて、とかそんなにのんびりする気はありません」という「引き続き」派26歳女子の若さの見切り方にに驚いたり、「直接見てお話をして好きになりたいから」という「パーティー参加」派に納得したり。「自分が魅力的じゃないと素敵な人に出会えない」という「自分磨き」派には人としての基本を感じた。「いっそのこと入会の年齢制限を設けてくれたら諦めがつくのに。脱会しようと思うとハートメールがきたりして、まだまだいけると勘違いして断わられて傷つき、涙で枕を濡らす日々。いっそ婚活は30代までと法律で決めて」という「一旦、忘れる」派も。こちらまで泣けてくる。

婚活男子は、「好きな人ができるまで続けたい」「メールの文章やプロフの内容だけで判断して会うことすらしないようでは、相手を見つけるのは皆無。文章はヘタでも会って話して譲り合うことができれば、少々のことは問題ではなくなる。みんな選び過ぎるんじゃないかな? 」という「引き続き」派の意見に諭される。「会ってみるのが一番人となりがわかるので」という「パーティー参加」派のコメントは当然至極。「まずは自分を磨きつつ、ネット婚活は良い面もあるけど時間がかかるので、平行して地元で定期的に開催してるパーティーに参加してます。どこにご縁があるかわからないし、2013年も無理なく楽しみながら婚活をやっていきたい」という「自分磨き」派は、リアル充実派だと実感。

「ちょうど1年の期限が切れるので、冷却&充電のため一休み(退会)を考えてます。こういう場所って長居する場所じゃないですね。むしろ長居したことで、どういう人を求めているか、そのために自分はどういう人になるべきか、やや混乱してきました」という「一旦、忘れる」派婚活男子の意見も印象的だったし、「結婚相談所とのダブル婚活してます」という「その他」派男子も。
友人、知人からの紹介のほうがいいというコメントもあった。方法は何でもアリだろう。

一番大切なのは、結婚と結婚相手への自分のビジョンを明確化すること。でも、恋ってままならないファンタスティックなものだから、タイプじゃないのに気になっちゃう場合だってある。相手には誠心誠意を尽くし、常識のない反応が返ってきたら気にせず流して、自分の心の奥からのノックに丁寧に耳を傾けたい。それがハッピー婚活の流儀だと思う。
(稲木紫織)

2013.01.16

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP