> > 最後の寒さを利用して、いざ、まったり温泉デートへ

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 最後の寒さを利用して、いざ、まったり温泉デートへ

春がもうすぐそこまで来ているとはいえ、まだまだ寒い日々も続いたりするこの季節。デートするなら、よほどのアウトドア派でない限り、やはり暖かいスポットが気になりますよね。婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中の会員さんたちに「冬のデート、どこに行きたい?」という、非常に役立つアンケートを実施しました。

回答例は、「やっぱりスキーやスノボー」「まったりと温泉」「元気に遊園地」「美味しいものを食べにいく」「お家でのんびり」「その他」の6択。相手の意向をリサーチしておいて、素敵な熱いデートを重ね、最後の木枯らしをエイヤッと吹き飛ばしたいものですね。みんなはどんなデートを望んでいるのかな?

アンケートの結果、1位は男女ともに「まったりと温泉」で、女性52.2%、男性49.7%。女性は半数超え、男性もほぼ半数という高数値で、やはり温泉の魅力にかなうものはなさそうです。気分はまさに、婚活女子のコメント「温まるしお互いの距離感も近くなる」に尽きるのではないでしょうか? もう少し詳しく語るなら、婚活男子の「温まって、美味しいもの食べて、イチャついて、観光する。サイコー!(笑)」ですよね。

では、2位は? こちらも男女ともに「美味しいものを食べにいく」で、女性30.7%、男性25.4%でした。温泉だと、お泊りか日帰りか…といった問題が浮上し、そのあたりがお互いの“好きの度合い”の試金石になったりしますが、食事だけならもっとシンプル。婚活女子の「その季節にしか味わえないものを、好きな人と楽しめたら最高です」というコメントこそ、言い得て妙ですよね。何を食べるか、どう食べるかって、けっこうその人の本質にかかわると思うので、シンプルなようで奥が深いデートだとは思いますが。

婚活男子は、「魚の美味しい季節ですね」というコメントも。魚が苦手な女子は、一瞬、ひるむかもしれませんが、好きな食べ物の話題から、お互いの好みをすり合わせていく作業というのは、ある意味、婚活中のデートの必須科目かも。ここを避けては通れません。自分の譲れない部分をどこまでアピールするか、相手の好みにどこまで合わせられるか、共有できる部分はどこなのか…、このあたり、最重要項目かもしれません。食べ物の好みがぴったりだったら最高ですけれど、合わなくても共存できる道を探しましょう。

3位は、女性が「お家でのんびり」で7.5%、男性が「やっぱりスキーやスノボー」で11.9%と、ここで初めて、男女が分かれました。婚活女子の「時間に追われたくないから」もわかりますが、シーズン仕様ではないですよね。婚活男子の「世代的にそういう世代なので」とコメントされた48歳の男性。同世代で“温泉”派も多数いらっしゃるので、個人差のような気もしますが、やはり趣味が共通することが大事なのかな、と。

ウインタースポーツを好きか否かというのは、かなり分かれる分野だと思うのです。同じ趣味なら問題ありませんが、片方がNGだと、もう片方も行く機会が減ってしまうかも。あるいは、他の友人たちと行くとなると、頻繁でなければいいけれど、休みが限られているわけですから、難しい問題に発展する場合もあって、要考慮です。

必ずしも同じ趣味である必要はないと思うのですが、せっかくのデートなら、お互いに無理なく共有できるものを見つけたいですよね。運動オンチなのに、彼がスノボーが好きだからと一緒に行って、いきなりエクストリームな技を見せられても、「スゴ〜い!」と言ってるだけなら、二人とも好きな鍋をつつきましょうよ。

温泉に関しては、泊まってもいい相手とだけ…がお約束な気も。熱い心身を共有し、一気に結婚へとつなげられたらいいですね。寒さが味方してくれると期待しちゃいます。
(稲木詩織)

2016.03.30

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP