> > 「ごめんなさい」から始まった、ある婚活カップルの奇跡

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 「ごめんなさい」から始まった、ある婚活カップルの奇跡

ネット婚活の場合、メールのやりとりをしながら、ある期間が過ぎたら、おつきあいを続けるか、それとも、「ごめんなさい」をするか、どうやって決断をしていますか。

決めかねてとりあえずメールだけでやり取りを続けてしまう派ですか。それともメールのやりとりの中で、「これはちょっと…」と思えば即、「ごめんなさい」をして実際に会わずに「終了」の決断をする派ですか。もしかしたら、正しい判断じゃないかもしれないという不安と、無断な時間を使いたくないという意識のはざ間で揺れることも少なくないでしょう。

ですから、当然、見切り発車してしまう可能性もあるでしょう。でも、なるべく早く、自分にぴったりのオンリーワンと出会って、その人と恋愛して結婚したい、と思えば思うほど、グズグスしていられないのも確か。とはいえ、矛盾するようですけれど、「ごめんなさい」してしまった後で、あの人、本当はかなり相性が良かったのではないかしら、と思い出す場合がないとはいえません。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の婚活相談室に寄せられる体験談を読んでいたら、相手からいただいたメールに「ごめんなさい」と返信してから、おつきあいが始まった、という30代の女性からの卒業メッセージを見つけました。

この女性は、その後、「何を基準に判断しているのか」を教えて欲しい、と相手の男性からメールをいただいたそうです。これって、断られるほうからすれば、なかなかできないことですよね。普通は気落ちして、ひがんだりいじけたりしてしまう人だっているかもしれません。本当は自分のどこが悪かったのか、今後のために知りたいと思っても、会ってもいない相手にそれを確認することは、けっこう勇気がいることですから。

彼女も、そのことを相手が「素直に質問してくださったんです」と受け止めていて、この女性の素直さが伝わってきます。「断ったのに、今さらしつこいわね」などと、歪んだ見方をしても誰も責めないでしょう。そのような状況でも、彼女は、相手からそう質問されたことで、彼に好意を持ちます。

「婚活仲間として一緒にがんばりましょう!」と、彼にエールを送ります。自分のことだけでいっぱいいっぱいな人も多いのに、相手にこんな優しさを示せる、彼女自身の人間性を感じます。そうするうちに、「戦友のような関係が築けて、正直に何でも話せるように」なったそうですので、隠れていたご縁をお互いで手繰り寄せたのだろうな、と思わず嬉しくなります。

そしてついには、「この人なら家族になりたい」と思ったというのですから、まさに大ドンデン返し。二人とも、まさかそんな展開になるとは想像もしていなかったと思うのです。片や、「ごめんなさい」をして、もう一方は、半ばあきらめモードで、「ごめんなさい」の判断基準を知りたいと願う。そのマイナスとマイナスが、プラスに転じたのですから。

「ネット婚活は不安でしたが、自分がしっかりしていれば大丈夫、と活動しました」と、この女性。慎重でありながらも、彼を色眼鏡で見ないで、彼の真摯な態度を感じ取った彼女の真っ直ぐな感受性がこのエピソードの鍵のように思えます。「普段の生活では出会う可能性の低い方と巡り会え、貴社に感謝しています」と結んでいて、普段なら出会えそうもない相手と出会えることは、まさにネット婚活の醍醐味を存分に味わったのですね。

「ごめんなさい」にも幸せのチャンスは潜んでいるのです。頭でっかちにならず柔軟に対応することが成功する婚活のカギかもしれません。

2016.07.08

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP