> > ネット婚活での出会いを愛へと育む覚悟はあるか?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム ネット婚活での出会いを愛へと育む覚悟はあるか?

婚活サイトに登録した段階では、まだ本当に自分にぴったりの相手と出会えるかどうかは半信半疑だと思いますし、どこかにネットで婚活なんかして大丈夫なの? という気持ちもあったりするかもしれませんね。
それが、実際にメールのやりとりを始めてみると、相手も同じように考えて不安がっていたことがわかったり、リアルに仲良くなってしまうと、普通の友人関係、恋愛関係と何ら変わらないことがわかって、拍子抜けしたりするかもしれません。
親しくなると出会い方ってどうでもいいんだなあ…と思えるのですが、そこから先の愛情をどう育んでいくかという問題に関しては、どんな出会いでも同じでしょう。自分の持ち味を総動員して、いかに二人で幸せな結婚生活を営んでいけるかをアピールし続けなくてはいけませんし、それは結婚してからも態度や行動で示し続けることだと思うのです。



40代婚活男性の体験談


婚活サイト「エキサイト婚活」に寄せられる婚活体験談を見ていたら、「素敵な人と出会えました」という40代男性からの卒業メッセージを見つけました。おめでとうございます! 本当によかったですね。“素敵な人”という言葉が、すべてを言い表していると思います。愛情を感じていなかったら絶対に使えない言葉ですもの。
そんな気持ちになれることがどんなに嬉しいか! どんなにスペシャルか!
恋しい気持ちを体験してしまうと、それまでの人生って何だったのだろうというくらいのパラダイムシフトを感じると思います。



婚活は出会ってからが勝負


そんな奇跡のように出会えた相手と、お互いに幸せだと思える結婚生活を送るためには何が必要でしょうか? 結婚はゴールではありませんよね。婚活中で焦っていると、ついお相手探しをゴールと思いがちですが、結婚したいと思える相手と出会えてからこそが、本題といえるのではないでしょうか。
この男性は、「ここで出会えたことが無駄にならないよう、二人の関係を大切に築いていこうと思います」と結んでおられます。この態度が素晴らしいなと思いました。大切に築いていく関係は一生もの! 逆にいえば、そういうふうに思えなかったら、結婚することないですよね。
多少のことは目をつぶれるぞ、我慢できるぞ、許せるぞ、がんばれるぞ…といった、大きな心で相手を包み込めるかどうかが試されていると思うし、相手のためなら何でもしてあげたい気持ちになっているのでなければ、無理しないほうがいいかもしれません。



尊敬がいい塩梅の距離感を生む


親しき仲にも礼儀ありで、二人の距離感がものすごく大事になってくると思うのです。せっかくラブラブなんだからと、わがままいっぱいになってしまったり、相手を試すような行動をしてみたり、当然のように束縛したりしていませんか? そういう場合って、たぶん自分では当然のことであって、束縛してるという認識すらないと思うのですね。



市川海老蔵に見る相手の思いやり方


小林麻央さんが市川海老蔵さんと結婚した時、「結婚したけれど、あなたの人生なんだから好きに生きてください」と言われたとブログで読んで、驚くとともに感動しました。なかなかここまではできないと思いますが、相手への敬意、尊厳をいかに保てるか?

この体験談の方のように、自分のことだけでなく相手のこと、そして二人のことを俯瞰して捉えられるかどうか、出会えた幸せに感謝しながら努力していけるか、が大事なんだなあと思い至りました。素敵な相手だからがんばるだけでなく、お互いに素敵であり続けるためにがんばりたいですね、できたら一生!

2016.12.21

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP