> > 今年こそ婚活を結実させるために!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 今年こそ婚活を結実させるために!

「あけましておめでとうございます」と口にするたび、婚活女子にとっては、ちょっぴり複雑な思いを抱かされるかもしれません。家族モードが最も高まるお正月。たとえ実家でどんなに楽しく、まるで高校生の頃と同じように新年を迎えていたとしても、やはり内実は違うわけで、自分が結婚して家族で迎える新年を想像せずにはいられませんよね。

でも、だからこそ今年は、後ろ向きになりがちな気持ちをグイッと前向きシフトして、婚活に向き合いたいもの。とはいっても、理想の彼氏とはなかなか出会えないし、自分から積極的にアピールできないし、やっぱり自分に自信がな〜い! などとマイナスな気分がこれでもかこれでもか、と頭をもたげてきちゃったらどうしましょ?  

そういう時って、婚活サイト「エキサイト婚活」に、会員さんたちから寄せられる婚活体験談を読むと、マジ勇気づけられるんですよね。最近、50代女性からの「年齢的に無理かと思いましたが、素敵な方と巡り会うことができました」という卒業メッセージを目にした時は、本当に感動しました。待ってて良かったですね! と思いましたよ。



幾つでも見つけられる幸せが婚活サイトにはある


早く結婚するから幸せになれるわけではないと思うんです。もちろん、出産年齢の壁はある。でも、結婚して幸せになれるかどうかに、年齢は関係ないと思います。結婚って、やはりあくまでも二人が基本じゃないかなあ。

女性であるなら、40代に入るあたりから、出産にはあまり積極的になれなくなってくるのは事実。子供が欲しい男性は、30代より20代の女性を望むだろうし、自分の年齢が高い場合、それだけで結婚には不利だと、半ばあきらめちゃう婚活女子も多いですよね。

子供を欲しがる男性は少なくないけれど、でも、二人の結婚生活を大切に構築したい! と思っている婚活男子も少なからず存在するわけです。だって人生80代まで生きるとしたらまだ半分近くあるし、そんなに早くあきらめちゃっていいの? って話ですよね。



自分の魅力を理解してくれるお相手がいる


確かに、一般的な出会いだと難しいかもしれません。30代後半ぐらいから、何となく恋愛戦線の前線から離脱したような気分になって、というかさせられて、少しずつ傍流に追いやられていく感覚? ついでがあったら、婚活中なんでよろしくお願いします的な? 冗談っぽくヘラヘラ笑って言わなきゃいけないような気分にさせらせて…。

そんなのイヤ! もちろん、大イバリではないけれど。ちゃんと好きになれる人と出会いたい。そういう人と、いろいろあって結婚に至りたい。自分には女性として可愛いところも、奥さんになったとして誠実なところも、人間としておもしろいところもいろいろあるのに、それを誰かと共有できないでいるなんて、もったいないと思いませんか?

まさに、ネット婚活の場合、幅広い年齢層の大多数の人が婚活しているわけです。年上の女性を好む男性も少なくないし、年上の男性も多数いらっしゃいます。みんながみんな、「逃げるは恥だが役に立つ」の百合ちゃんみたいに、17歳年下のイケメンから愛されるとは限らないけれど、でも、ネットのパワーには人智を超えた科学作用があるのですよ。

この投稿の女性も、もしかしたら諦め半分だったかもしれないのに、素敵な人と巡り会えました。ネット婚活が持つオーラを軽く見ちゃいけないなあ、とつくづく思います。たぶん、普通にしていたら会えない相手と、出会えてしまう可能性があるのですから。

新年だからこそ、自分が結婚して迎えたいライフスタイルを想像し、ビジョンを再確認しておきたいですね。今年こそ、婚活を自分らしい結婚へと結実させるために!

2017.01.11

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP