> > バレンタイン前に強化しておきたい今年の婚活対策

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム バレンタイン前に強化しておきたい今年の婚活対策

バレンタインデーが目前に迫り、チョコレートをあげる相手がいるかいないかで、「泣いても笑っても、後○○日」みたいなソワソワした気分になってくるわけですが、ここでジタバタしても始まらない。婚活中なら、日本最大の恋愛祭り、イベントフルなバレンタインごときに右往左往せず、自分にふさわしい恋愛・結婚に関する目標を再確認して、着実な婚活対策へと繋げたいもの。

奇しくも、婚活サイト「エキサイト恋愛婚活」が婚活まっ最中な会員さんたちに、「ずばり!2017年の恋愛・結婚に関する目標は?」という、ぴったりのアンケートを実施したので、参考にしたいと思います。回答例は、「まずは恋人だけでも!」「婚約までいきたい!」「できれば結婚(入籍)」「結婚して子供も!!」「その他」の5択。みんな、どんな目標を立てているのかな?



2017年の目標。約半数の婚活男女が「まずは恋人を作る!」と回答


その結果、1位は男女ともに「まずは恋人だけでも!」で、女性44.5%、男性48.6%という半数近い高数値でした。婚活女子のコメントを見ると、「消極的なので、まずはお相手探しからと思います」という“消極”派、「焦ってもいいことはない。まずは好きになる気持ちを思い出さないと!」という“恋愛ご無沙汰”派、「心から信頼し合える人に出会いたいな」という“直球ド真ん中”派、「彼氏いない歴8年は何としても脱したい」“切実”派など、実に様々。

婚活男子も、「まずは異性と知り合うだけでも!」という“異性がレア”派から、「出会わないことには何も始まらないので」という“基本”派、「年齢的にも形式にこだわれないので」と“こだわる”57歳男性まで、やはり様々なコメントが。



3割前後の婚活男女が、結婚を今年の目標に


2位も、男女とも「できれば結婚(入籍)まで!」で、女性36.7%、男性24.9%。女性のほうが強気かも。 婚活女子のコメントでは、「そんな人ともう出会いたい」“やや焦り気味”派、「真剣に結婚したいと思ってます」という“直球”派、「電撃狙ってます!」の“一発逆転”派など、コメントに込められた思いに、胸が打たれます。

婚活男子を見ると、「前向きに」という、今年中に結婚しようという強気な目標の割には控えめなコメント、「焦りは禁物ですが」という、一見相反するようなコメントで、男性たちの思いが千々に乱れているのが、よくわかります。

3位も、やはり男女とも「婚約までいきたい!」で、女性11.8%、男性14.9%でした。婚約までという辺りが、何となく打倒な気がしないでもないですけれど、そこに行くまでが大変なんですよね。婚活男子の「イッキに結婚までいきたいところですが」というコメントが、そういう心情をよく表しているなあと思いました。

個人的には、「その他」派婚活女子の「焦ってもいいことないと思う。妥協するくらいなら一人が気楽でいい」というコメントが、気になりました。まさに正論。嫌な人と暮らすくらいなら、一人のほうがいいのは当然ですよね。ただ、どんな好きな人と暮らしても、ちょっとは我慢したり、きちんと説明したりしなくてはいけないことがあると思う。

それを、二人で暮らすために前向きに捉えられるか。ケンカして瞬間的には嫌いになっちゃっても、また穏やかに戻れて、ちゃんと相手のいいところが見れるかどうか。そのためにがんばろうと思えるかどうか…が、大事なのではないでしょうか?



バレンタインを目標実現のきっかけに!


華やかなバレンタインに心が騒くけれど、チョコをあげるにせよあげないにせよ、じっくりと婚活に落とし込んでいく心構えを、ちょっぴりクールに意識していたいと思います。

2017.02.08

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP