> > 100年の恋も冷めないよう気をつけたい婚活中の行動とは?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 100年の恋も冷めないよう気をつけたい婚活中の行動とは?

時折、初夏のような陽射しを感じると、もう5月も終わりだなあと感じるのですが、今年も半ばに近づいてまいりました。婚活者としては、今年の前半を振り返って反省し、実り多い後半を迎えたいもの。婚活って、メールのやりとりや実際のデート以前に、婚活女子としては体調を整えたり、美肌をキープしたり、お洒落したり、笑顔を心掛けたり、マナーを守ったり…と、好感度キープも大切ですから、いろいろと忙しいですよね。

もちろん、常に全方位外交する必要はなく(そんな疲れることやってられませんて…)、たった一人と出会えればいいだけなのですが、そのためには日々の基本的な仕込みが重要なはず。好きな人の前でだけイイコぶっても、うまくいかない気がするのが結婚です。



冷める相手の行動1位 男女ともに「店員に横柄な態度をとる」


婚活サイト「エキサイト婚活」が婚活まっ最中の会員さんたちに、「100年の恋でも一気に冷めてしまうお相手の行動とは?」という、非常に参考になるアンケートを実施しました。解答例は、「どこでも構わずポイ捨てする」「食べている時に音を立てる」「一緒にいる時も常に携帯をいじっている」「鏡やウインドゥで何度も自分をチェックする」「お店の店員に横柄な態度をとる」「その他」の7択です。

その結果、1位は男女ともに「お店の店員に横柄な態度をとる」で、女性43.7%、男性23.6%でした。女性は半数近くという高数値! よほど嫌な体験をしたことがあるのでしょうか? 婚活女子のコメントに、「婚活サイトで出会った彼とハワイ旅行をしましたが、現地の日本人スタッフに今まで見たこともない態度で接しているのを見て、恐怖でした。日本では見たことなかったので、結婚の難しさを痛感」という生々しいものが。

これはショックだったでしょうね。ハネムーンでなくてよかったと思うばかりです。なぜこんな態度になってしまうのでしょう。自分を偉く大きく見せようとしている? 逆に小せえヤツだと思われてしまうのにね。しかし、婚活男子もちゃんと見ていますよ。「器の小ささ。誠実さに欠ける」「人間としてサイテー」「一時が万事」というコメントが。



人として幻滅してしまう 常識の行動もランクイン


2位は、女性が「どこでも構わずポイ捨てする」で18.1%、男性が「どこでも構わずポイ捨てする」と「一緒にいる時も常に携帯をいじっている」が同数値で、それぞれ18.7%。婚活女子の「ぜったい無理」というコメント、納得です。ポイ捨てって、生理的な嫌悪感につながりますよね。婚活男子の「ポイ捨て、クチャラー、歩きたばこ、鼻をすする人、満員電車でリュックを背負って入ってくる人」というコメントもありました。クチャラーって、ガムを噛むことでしょうか? 鼻をすするなということは、かむか垂れ流し? リュックは男性のほうが多いような気もしますが、なかなか難しいものがありますね。



最低限のマナーは守りたいところ


3位は、男女ともに「食べている時に音を立てる」で、女性16.6%、男性17.1%でした。これこそ、まさに生理的な問題であると同時に、育ち方や人間性にもかかわってくる問題だと思います。婚活女子も、「生理的な行為で治らないと思うから」「とにかく生理的に無理です」というコメントが。婚活男子の「自分だけでなく、周りの人にも悪い」というコメントは、その通りだなあと実感しました。大人になってからだと、相手に「治して」って言いにくいという問題もありますよね。傷つけずに言える自信がないというか…。

「その他」派男子のコメントで、「自分チェック以外、全部」というコメントが複数あったのが気になりました。女性が自分の身だしなみに気を遣うのだけは、許してもらえるみたいです。どちらにせよ、相手の嫌な行動を見つけてしまったら、許せる範囲か否か判断し、速やかに行動に移さなくてはいけません。でも同時に、自分の行動にも甘さがないか再確認したいところです。婚活以前に、人間として…という部分に関わりかねない問題もあり、自分を客観視して自己チェックを厳しくしなければ…と実感するのでした。

2017.05.30

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP