> > 「どうして●●してくれないの!?」理由を問うほど、男性は逃げていく!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 「どうして●●してくれないの!?」理由を問うほど、男性は逃げていく!

恋愛において女性がしがちな間違いが、相手に対して「どうして○○してくれないの!?」と言ってしまうこと。
つい良い出会いがあったとしても、こんなふうに相手にぶつけてしまったら、せっかくの出会いもぎくしゃくしてしまいます。

実は、こういう言い方をするほど、相手はどんどん心を閉ざし、あなたから離れてしまうんですね。どうしてでしょうか?

答えは脳の仕組みにあります。脳は質問に対して、答えを出そうとする機能を持っています。
例えば「どうして○○くれないの?」と聞かれたら、そのことに対する理由を自動的に探すようになっているんですね。

そのため、どんどん「相手に対して○○しない理由」を考え始め、その結果、聞かれた相手の嫌なところばかりを思い出してしまうのです。何かをしてほしいから言っているのに、しない理由にフォーカスされてしまうなんて、残念ですよね。
こうなると、お互いに惹かれあって付き合ったはずなのに、相手の嫌な部分ばかりが目につくようになってしまいます。

ここで大切なことは、あなたの目的は相手を問いただすことではない、と自覚することです。
怒りというのは、本心ではなく、単なる反応です。思わず感情をぶつけてしまったり、八つ当たりをしてしまうときには、必ずその下に他の感情が隠されています。

それは「本当は○○してほしい……」という感情です。

相手を問いつめたいわけではなく、自分にはしてほしいことがあったのに、それをしてもらえなくて寂しかった。
このように、素直に自分の想いに触れることができたとき、はじめて相手と向き合って話し合いができるようになるんですね。

つまり、このとき本当にすべき表現は、「どうして○○してくれないの!?」ではなく、「○○してほしい」というお願いです。

相手は決してエスパーではありません。
どんなに親しい間柄だとしても、あなたとは違う人間であり、違う価値観・違う感受性を持っていますから、何も伝えないのにあなたの想いを把握することはできないのです。
だからこそ、「どうして○○してくれないのよ!」という不平不満の下に隠されているあなたの本心、「本当は○○してほしい」ということを、「言葉で伝える」ことが大切なのです。

感情をぶつけるのではなく、まずはあなたの本心を自分で知ること。
そして、支配的に相手を動かそうとするのではなく、お願いすること。

たったこれだけ意識することで、今まで壊してしまった縁も、理解し合いながら育てることができます。
こうして分かり合えるようになることで、二人の絆は深まり、真実の愛へと変わっていくんですね。

過去に不平不満が爆発して関係を壊してしまった人も、今度は素直に想いを表現できるあなたになれれば、新しい恋に踏み出せるきっかけにできるはず。

相手に素直な気持ちを伝える手段としては、手紙やメールなど文章も有効的です。
「普段口に出して言えない事が、メールでは言える」そんな人も多いと思います。
ぜひ婚活中のあなたも、メールを上手に使ったアプローチを視野に入れてみてくださいね。
(斎藤芳乃)

2013.04.15

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP