> > “モテ”より好感度アップを狙うのが婚活の極意  

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム “モテ”より好感度アップを狙うのが婚活の極意  

みなさん、“モテ”って意識してます? ひと頃、どの女性誌を見ても“モテ”特集ばかりで、どういうファッションが男子にウケるかという調査や、男子好みの仕草(上目使い、アヒル口etc.)といった立ち居振る舞いの数々から女子としての最低限マナーまで、これを知らずしてモテるなかれ! と言わんばかりの記事がめじろ押しだったっけ。

ファッションに関しては、男子の好みは20年ぐらい変わっておらず、白っぽいプラウスかふんわりしたパステルカラーのセーターにミニスカート、デートがスポーツ観戦だったらジーンズもOK、という結果だった。お洒落な女性は好きだけれど、モード系ではなく普通のOLさんぽいほうが好み……という傾向。男性のこの保守性は、逆手に取ればカンタンなことかもしれず、最新流行を追うなかれ、というのはテッパンである。

かといって、ショルダーバックを持つ側のスカートが、バッグに手繰り寄せられて上がって、その分無防備に脚が見えたりするのが可愛い、なんて意見もあり、見てないようでよく見てるなあ、と驚かされた。こういう無意識での無防備さが彼らにとってのツボだったりするから、せっかくの睫毛エクステやネイルへのこだわりが的を射るとも限らない。

ウケを狙って“天然”を装っても後が面倒臭い。1人を決める前段階での好感度アップ作戦は、不特定多数を相手にする場合、とりあえず礼儀正しく、時間や約束は守り、笑顔を絶やさず、相手の話をよく聞いて可能なら当意即妙な質問をはさむ、ぐらいだろうか。

そんなことを考えていたら、婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中の会員さんに実施した
モテるために努力していることは? 」というアンケートの結果を知る。

婚活女子の1位は「ファッション・身だしなみ」で30.7%。婚活男子の1位は「体型キープ・ダイエット」で23.5%、2位の「ファッション・身だしなみ」の22.1%と競っている。女性の2位は「体型キープ・ダイエット」で、3位は「内面磨き(スキルアップや貯金など)」と「特になし」が同数値で13.9%。男性の3位は「礼儀・マナー(箸の持ち方や言葉づかいなど)」と「特になし」が同数値で17.6%、4位が「内面磨き」だった。「礼儀・マナー」を挙げた女性は、わずか10.9%で4位。「内面磨き」に「貯金」が入っているのにはびっくりしたけれど、これだって重要には違いない。もしかなりの額を貯めていて、相手がそれを知った途端プロポーズされたら迷うだろうけど。

婚活女子のコメントでは、「その他」派の「モテるのはあとからついてくるもので、これを目的にして何かをしている人は薄っぺらに見える。どれも当たり前のことでは? 」という意見に納得した。「体型キープ」派の「モテるためではないけど、日頃からミニスカートやショートパンツをはいてますよ。ナンパされます」、「その他」派の「スポーツです。モテるためにしているわけではないけれど、結果的にこれが、特に年下にモテる原因になっているようです」という興味深いコメントも。

婚活男子は、「体型キープ」派の「外見の中でも特に体型は大事」、「ファッション」派の「外見はやっぱり大事」、「礼儀」派の「外見より礼儀で印象を良くしたい」というコメントに集約される気がした。「礼儀」派の「結婚目的なら自分はもちろん、相手にも要求します。ただ単に『モテる』だけなら話は別ですけど、ここは婚活サイトですよね?」という意見には深く頷けるものがあった。

“モテ”と婚活は必ずしも同一線上にはない。でも、人間性や人としての好感度は老若男女とも全方位だと思う。大切なのは、“モテ”という表面の奥にある人間性に触れることだ。結婚するなら、相手にも、相手の親にも、周囲の友人たちにも好かれたほうがより嬉しいもの。自分だったら、男性を前にした時だけニコニコするのではなく、1人で歩く時の表情も気にしたい。そういう小さな部分が幸せな全体につながっていくと信じるから。
(稲木詩織)

2013.04.16

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP