> > 重い女を卒業して結婚するために

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 重い女を卒業して結婚するために

「結婚」というとつい身構えすぎて、周囲から「重いよ!」と言われたことがある女性もいるかもしれません。実は結婚と反対の位置にいるのが「重い女」と言われてしまう女性です。

「重い女」と言われてしまう女性は、

・やってもらいたいという欲求が強い
・一人でいることが必要以上に不安
・自分のことを常に優先してもらいたい
・自分の感情をコントロールできない

など、依存的な行動・発言パターンを持っています。

こうした女性の深層心理には、子供の頃に満足に愛情を与えられなかった、という孤独と寂しさがあります。
両親に自分の心を満たしてもらえなかった分、恋人に満たして欲しい……という強い欲求が、相手への執着に変わってしまうんですね。でもこのままでは、男性が逃げてしまいます。
どうすればこうした依存体質を改善し、結婚への道を開くことができるのでしょうか?

自分の気持ちを受け止める


依存体質の女性は、自分の感情を周囲に伝えないと気がすみません。
しかも理性的に言葉で伝えるのではなく、感情をぶつけがちです。
けれども、これでは一方的になってしまい、気持ちが伝わることはありません。自分の感情は自分一人で受け止めてから、「相手に理解できるように整理して、言葉で伝える」ようにしてみましょう。

自分で自分を満たす


「あなたがいなければ幸せじゃない」という姿勢は、まだ結婚を考えていない男性にとっては重く、負担になります。
習いごとをする、自分のために家事をする、エステに行って自分をケアするなど、自分で自分を満たしたり、彼以外の面で日常生活を充実させる癖をつけてみましょう。

自分から与える


「与えて欲しい、こうして欲しい」という要求が増えると、相手は「エネルギーを奪われている」感覚になり、じょじょに関係から離れたい気持ちに……。一方的に求めるのではなく、自分からも与えてあげましょう。
「与える」と言っても、身構える必要はありません。例えば、笑顔で接する、料理をしてあげる、一緒にいる時間を楽しむ、感謝するなど……小さなことからで大丈夫。あなたの良いところや出来ることを相手に対して与えてみましょう。

相手を理解する


パートナー候補といえどもあなた以外の人との予定もあります。
そんなとき、「私のこと優先してくれないの?」と思わず、相手の状況を理解し、協力する姿勢を示してあげてください。
こうすると男性にとっても結婚後のイメージがわきやすく、結婚に向けての安心材料になります。

これらの共通点は「精神的な自立」です。精神的に自立した女性は、人に寄りかからない分、軸のある、凜とした輝きが感じられますよね。
実際に、一度結婚を断られた女性が、こうして精神的な自立を育むことによって、復縁しご結婚した例もあります。

あなたもぜひ自分を輝かせ、素敵な大人の女性として出会いの場に出向いてみてくださいね。
(斎藤芳乃)

2013.04.22

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP