> > 婚活中の大人たちへ、好きな人に言葉の花束をいっぱい贈ろう!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 婚活中の大人たちへ、好きな人に言葉の花束をいっぱい贈ろう!

日本人は恋愛モードになっても、あまり言葉で表現し合わないと聞いたことがあります。最初のうちはともかく、だんだん「愛してる」「素敵! 」「かわいいね」「かっこいい!」とか言わなくなるなんて寂しいじゃないですか? 30代前半の婚活男子と話していたら、「好きとかいちいち言わないよ。一緒にいるってことがそういうことだと思うし、セックスの時にはちゃんと愛情表現するからさ」などと、昭和のオヤジみたいなことを言うので目が点に……。外国と比較することじゃないけど、恋人に自分の気持ちを素直に表現できないのはつまらない。自分が一番自分らしくいられるはずの相手なのですもの。

言葉も掛け合う習慣がないと、何も言わなくても平気だと思ってしまうみたいですね。挨拶もせず、ほとんどしゃべらない相手と結婚して、嫌われてしまったのかと悩んでいた女性がいましたっけ。話し合うことが大事と知ってはいても、育ち方や環境で価値観が違うから、話さない親に育てられた子供はそれが普通と思って変えられないことも。普段から相手の身になって、相手に喜んでもらえるような言葉を表現する習慣を少しずつでもつけていけるといいですね。自分が言われて嬉しいことは、相手もきっと嬉しいですよ。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんに「異性に言われて嬉しい言葉は?」というアンケートによると、女性は「かわいい・きれい」が圧倒的1位で50.8%、男性は「優しい」で31.2%という結果でした。婚活女子の「やっぱりきれいと言われたいですね。他の言葉はきれいとは言い難いから代わりに良いところを褒めている感じがして……。もちろん、きれいとは顔やスタイルのみならず、佇まいや雰囲気やその人の心の状態すべてを指すと思うので」というコメントは、女性心理を的確に表していると思いました。婚活男子がそこまで認識してくれるかどうかは謎ですが……。

婚活男子の「中身を見てくれたのかなって思う。反面、あたりさわりのない褒め言葉かな」というコメントのように、自分をわかってもらえているようで、そうでもないような……という紛らわしいニュアンスなのが「優しい」という言葉。女性が男性に使う場合は特に注意が必要です。一番効果的なのは、相手がきつい言い方や行動をとった時に「でも、あなたは本当は優しい人だから」と言ってあげられる場合。そういうギャップがあるシーンに限っては有効でしょう。すべてはシチュエーション次第ですよね。

2位は男女とも「明るい・楽しい」で、女性23.4%、男性27.3%。婚活女子の「外見ではなく内面を見てくれていると感じるから」「『優しい』は誰にでも言いそう。他のは見た目の話だから」というコメントには、外見に惑わされやすい男性が内面をきちんと評価してくれることへの期待感が現れています。婚活男子の「他はすべてお世辞。言われても嬉しくない」というコメントに、男性はお世辞を言われるのが好きなのかと思っていましたが(そうでなければ、キャバクラなど女性のいる場所に、わざわざ飲みに行ったりしないでしょう? )、本当は真実の言葉を求めているのだなあ、と実感。男女とも本当はそうですよね。

3位は女性が「優しい」で12.1%、男性は「かっこいい」(女性の「かわいい・きれい」に対応する言葉)で20.8%でした。婚活女子の「『かわいい・きれい』は恋人や遊び友達に使う言葉で、『優しい』は結婚相手に使う言葉だと思います」という意見は一理あるものの、好きな相手には全部使っていいですよね? 婚活男子には「生き方や考え方のかっこよさを認めて欲しい」というコメントも。相手の女性はぜひ認めてあげてください。

「その他」派男子の「頼りになる」というコメントも、スタンダードなド真ん中だと思いました。婚活女子は、そう感じたらどんどん口に出しましょうね! 普段はテレ臭くて言えず、わざとおちゃらけたりしても、真実の言葉は一番強力です。ネガティブな方向でなく、愛情に裏打ちされた言葉なら必ずや心に響くはず。メールでも実際に会ってでも手紙でも、お互いを知る一番の表現方法はやはり言葉。婚活の基本は実は言葉です。褒められて嫌に思う人はいません。嘘をつかずに、心を磨いて言葉を磨いて、言葉の花束を贈り続けることが、婚活を、さらには人間関係をも円滑にするのですから。
(稲木詩織)

2013.07.30

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP