> > 婚活女子は異性と話すのが苦手な真面目男子を攻略せよ!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 婚活女子は異性と話すのが苦手な真面目男子を攻略せよ!

恋人イナイ歴は何年? なんて世間では笑のネタのように扱うけれど、ほっといてほしいですよね? とはいえ、一度しっかり現実を直視して、もし現実逃避しているようなところがあるなら、自分でわかったうえで対策を練ったほうが有効です。意外と自分のことって、わかってるようで気づかない振りをしてたりするものですから。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんに「恋人ができない原因を1つあげるとすると?」というアンケートを実施。回答例は、「周囲の異性が少なく出会いがない」「趣味や仕事などに時間が取られている」「異性と話すのが苦手」「忘れられない人がいる」「その他」の5択。1位は男女とも、圧倒的に「周囲の異性が少なく出会いがない」で女性43%、男性44.1%という、それぞれ半数近い数値でした。

婚活女子のコメントを見ると、「田舎にはいないのさー」「うちの会社、男性が2人しかいない、しかも既婚」「みんな結婚している」と、涙で眼鏡が曇りそうなご意見ばかり。婚活男子は「大学に入ってから女性と出会うきっかけがなくなってしまったよ」と、一般男子とは逆行するようなコメントが。ちなみに、男性の2位は「異性と話すのが苦手」で25.1%。けっこうな数値なのですが、そのコメントは涙なしには読めません。

「小学校高学年の時、田舎の山奥から都会に引っ越してきましたが、学校で女子と話すと周りから冷やかされたのがきっかけで、以来話せなくなりました。高校は男子校で、社会人になったら職場は男だけの環境が40歳まで続きました。30代までは、異性と話す機会がまるっきりない状況のため、異性を前にするとに何を話したらいいのか、頭の中であれこれ考えすぎて無口になりがちでした。40代から環境が変わり、今では普通に話せますが、あまりにも遅すぎて苦労の連続です」

「中学、高校で受けたいじめが尾を引き、性別にかかわらず人を信じられなくなりました。大学生を経て社会人になってからも、20代半ばまではコンプレックスを持ち続け、彼女なし生活が今も続いています。30代になって、ようやく女性と普通に会話ができるようになりましたが、依然として下手なままです。なんとか現状を変えたいのですが、ハンディキャップが大きすぎて苦労の連続です」

この婚活男子たちの思いを、ガツンと受けとめましょうよ、婚活女子たち! リードするのはいつも男性から…なんて決めないで、どうぞもっと気軽に誘ったり話しかけたり笑いかけたりしてみませんか? それで男性はやっと安心してスタートできるのですから。

女性の2位は「趣味や仕事などに時間が取られている」で、19.5%。それは男性にとっては3位に当たり、13.4%という結果です。婚活女子の「恋人がいる人にとっては、どれも言い訳だそうですが」というコメント、さすがわかってらっしゃいますね(笑)。3位は女性が「その他」で、「相性の合う人に出会っていない」「自分で自分のことがわかってないから」「自分に魅力が無いから?」というコメントが。みなさん、自己分析はなかなか鋭いと思います。それをどう現実に活かすか、なのだと思います。

ここまでのデータ分析でわかった傾向と対策は、男性がおしゃべりではない限りは、女性のほうからどんどん話かけましょう!  ということ。それがテッパンです。慣れないうちは緊張したとしても、おしゃべりの嫌いな女性は少ないですよね。お天気のことでも、好きな音楽や映画、ファッション、自然や旅行や食べ物でも……、女性が何気なく話す日常的な会話は男性をくつろがせると思います。そして、「海と山、どっちが好き? 」「紅茶とコーヒー、どっちが好き? 」などと、身近な話題から質問して展開できるといいですね。事前に質問事項のネタをいくつか用意しておくのも素敵です。ご健闘を祈ります! 
(稲木紫織)

2013.08.19

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP