> > 夏デートはいつもと違うファッションで成功率が上がる!?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 夏デートはいつもと違うファッションで成功率が上がる!?

夏を迎えるたびに、浴衣の着方を覚えておけばよかった……と遠い目になってしまう婚活女子のみなさん。今からでも遅くありません。DVDを借りてもいいし、着付けのできるお母様やお友達にお願いしても……。普段の会社帰りとかのデートと違って、浴衣だの水着だの、あるいはタンクトップ、キャミソールワンピ、ショートパンツといった露出度高めのアイテムが意味深にとられず、日常着として活躍してくれる嬉しい季節です。

二の腕が出せないとか太腿が……といった個人事情はおいといて。夏の熱気ゆえに、シースルーなレイシー素材も素足でヌーディなサンダルも全然オッケーなわけですよ。冬にノースリーブ着てると、大丈夫? と聞いてきた彼も(お洒落女子は冬もノースリーブなの!)、この季節ならみんな着ていて目のやり場に困りませんからね。デートでは思いっきりドキドキさせてあげましょう。そして、彼の熱気をこちらへ釘付けちゃいましょう!

お洒落をしてデートでどこへ行くか、が重要です。婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんに「夏のデートといえば?」というアンケートを実施しました。回答例は「花火や夏祭り」「キャンプやBBQ」「屋台船やビアガーデン」「海やプール」「その他」の6択。1位は男女とも、もうもうダントツ「花火や夏祭り」で、女性81%、男性72.7%という驚異の数値でした。

婚活女子で多数を占めたのが、「浴衣が着たい!」というコメント。この気持ち、すごくわかりますよね。せっかく浴衣を着たのなら絶対彼に見てほしいですもん。婚活男子は「やっぱ夏は花火でしょ」「花火は夏の風物詩」といった“風情”派が主流。浴衣男子もがんばってほしいと心から願うのですけれど、最近は、江戸情緒漂う小物に凝ったりしてワンランク上の浴衣男子が増えてきたのも事実。女子も負けていられませんね。

2位以下は、2位3位4位と、女性が「海やプール」「屋形船やビアガーデン」「その他」、男性が「キャンプやBBQ」「海やプール」「屋形船やビアガーデン」の順で、それぞれ数%ずつという結果。婚活女子は山ガールでもない限り、キャンプって敷居が高いですよね。「キャンプが好きです」という素直な婚活女子コメントもありましたけれど。

BBQも、暑い野外でせっかくのお休みに労働したくないモードでは? ところが「キャンプやBBQ」派の婚活男子から、「役割分担でその人の本質が出るような気がするので」というコメントがっ。やっぱり女子って、食の分野だと働き手であることを期待されちゃうんでしょうか。そこは「アウトドアで頼れる人って男らしいなあ! 」と、外で肉を焼くとなぜかエキサイトする男子にお任せしたいもの。もちろん、汗を滴らせながら肉やコーンを焼き続けるあなたに胸キュンな男子もいるかもしれませんが。

婚活女子「その他」派で、「静かな避暑地に行きたい」「涼しげな水族館」「人ごみは疲れるので、静かで涼しいところがいい。山の中の古いお寺や神社、歴史探訪など」というコメントがありましたが、大賛成したいなと思いましたね。自分の希望をこういうアイディアに包んで語れる人ってオリジナリテイがあって素敵ですよね。婚活男子にも「どこか涼しげな高原で野歩き、または木陰の多い寺社巡り」というコメントがちゃんとありましたよ。「滝を見にドライブ」というコメントがあって、個人的にはその案に1票! いくら暑いからといって、「滝に打たれに……」じゃないですよ。

露出度はともかく、涼しげなファッションで「女の人っていいなあ!」と男性に思わせたい。今秋、流行の兆しを見せているフィット&フリルというスタイル、ぴったりめでウェストマークした上半身にたっぷりのフレアースカートは、とても女らしいと思います。ちょっとクラシックな印象もあって、男性にも親世代にも好感度高し。しどけなくなりがちな夏だからこそ、毅然と装ってあなたの生き方をさりげなく示すのもカッコいいです。そちらのほうが知的な婚活男子をドキドキさせてしまうかもしれません。 
(稲木紫織)

2013.08.23

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP