> > 男女間の友情ってナシ? 恋愛だけじゃない男女の仲を大検証!

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 男女間の友情ってナシ? 恋愛だけじゃない男女の仲を大検証!

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんに「男女の友情はあると思う?」とというアンケートを実施しました。回答例は「ある」「ない」「相手による」「その他」の4択。その結果、1位は女性が「相手による」で42%、男性は「相手による」と「ある」が同数で、それぞれ36.5%でした。

なぜこのアンケートに注目したかというと、男女間に友情が「ない」ことを想定したことがなかったからです。このアンケート自体にまず驚きましたが、「ない」と回答した女性が20.6%、男性が25%も存在したのでさらに驚きました。婚活女子の約5人に1人、婚活男子の4人に1人は、男女間に友情は成立しないと答えているのです。

「相手による」派の婚活女子のコメントを見ると、「一人、いますよ。相談に乗ってもらったりして頼ってます」「男女の関係性にもよると思います。出会い方、印象など」と必ずしも相手による必然性は曖昧な感じ。同じ派の婚活男子は「一度でも愛情を感じた人に友情を感じることはないと思う」「どちらかに恋愛感情があったら不成立ってことです」ときっぱり。「同性と同じようにしか接することができなければ友情止まりだが、好みに合うところがあったら、きっかけさえあれば恋愛感情になってしまいます」というコメントもあり、男性のほうが自分の立ち位置を把握しているなあと感じました。

同じく1位の「ある」派婚活男子の「友情の定義が問題になりますが、男女で仲がよく、だけど、恋愛関係に発展していかない場合、これは友情と呼べるのではないでしょうか」「恋愛対象でなくても、いろんなことを話したり、親身に聞いたり。いわゆる飲み友達もある意味友情ですから」というコメントには非常に納得しました。「ある」派で「選択肢の設定がおかしい。相手によるのは同性間の友情も同じ」というコメントも。その通りですけれど、相手が恋愛派、友情派であることにも影響するのかな、と思いました。

女性は2位が「ある」なのですが、「異性だからこその友情もあると思います」という正論コメントの他に「それぞれが同性愛者の男女間なら、友情が成立する道理かと……」「男化している女と女化している男なら」という意見がありました。でも、それだと360度回転して元に戻ってしまうのでは? と思ったり。「男だとか女だとかいう前に、人間なので……」という意見には大達賛成! 「ある。けど、恋愛の可能性も常にあると思っています」というコメントには、心からエールを贈りたくなりましたね。

「ない」派男子の「男女の友情は、何かきっかけさえあればそれが愛だったと認識する。純粋な意味での友情は成立し得ない」というコメント、恋愛哲学を解いていただいているようで勉強になるのですが、こういう男性には、「職場の後輩の男の子と飲んできちゃった〜。彼女のこと相談されちゃって……」って言っても信じてもらえないかも、とちょっと心配になったりしますね。

「ない」派は、同じ派を支持する価値観の異性と結婚するならまったく問題ありません。でも、そうじゃなくて疑心案義になってしまったらお互いにつまらない。恋人か配偶者以外とのつきあいを認めないのは、世界が狭く息苦しくなる感じがします。一生それでは人生がもったいない。結婚後、異性と親しく話せるのは同窓会だけでいいという人、いないでしょう? 幅広い交友関係、人間関係での体験を自分がテキストにできてこそ、恋人や結婚相手にも豊かな感じ方を表現したり、自由を与えたりできるのだと思います。

どんなに価値観の合う相手でも、パートナーと2人だけ……をずっと続けていると酸欠になるのではないでしょうか。他の異性と接触しないで2人の関係を維持するより、様々な交友関係を育みながら維持したほうが、真に長くワンアンドオンリーでいられると思うのですが。 
(稲木紫織)

2013.08.27

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP