> > 恋に落ちる瞬間はどんなとき? 心が動いて運命の愛を手に入れる3つの瞬間

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 恋に落ちる瞬間はどんなとき? 心が動いて運命の愛を手に入れる3つの瞬間

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

私たちは人生の中で数多くの出逢いを経験していますが、その全てが恋愛につながるわけではありません。頑張っても相手に好意を持ってもらえないこともありますし、お付き合いするところまでいたらないこともあります。

お付き合いに発展しないというのは、相手との間に恋に落ちるような感情の揺さぶりが起きていない、ということを意味しています。恋愛感情というのは、頭で考えてするものではなく、「感性に響く」「感情が動く」ことで生まれます。

だからこそ、相手にとって「良い人」であったとしても、「条件的に悪くない人」であったとしても、心が何かを感じて動かなければ、そこから先には進まなくなってしまうのです。

それでは、どういったことをすれば、相手の感情や感性に響かせることができるのでしょうか? 今回は、「人が恋に落ちる3つの瞬間」についてお伝えしていきたいと思います。

自分自身を深く受け容れてもらえたとき
まず、人が感情を動かす一つめのケースは、「深い共感をしてもらえたとき」です。普段、私たちは誰に対しても心を開けるわけではなく、良い意味で社会生活を円滑にするために「自分自身を作って」生活しています。
自分を社会に適応させるために、本音を隠したり、人に合わせたりするからこそ、上手くいくことも多い反面、「本当の自分をさらけ出せない」という悩みを抱えている人も少なくないんですね。だからこそ、本音を話すことができたり、自分の弱い面やマイナスの面に共感してもらえた時に、その相手に対して心を開くということがあります。そして、「他の人には話せないことを話せる、この人は自分を受け容れてくれている」という安心感が、愛へとつながっていくのです。


相手の在り方を尊敬・感動したとき
二つめのケースは、「相手の在り方や、相手の能力などを尊敬できたとき」です。
例えば、自分はつい手を抜いてしまうようなことまで一生懸命やっている、いつも熱心に自分自身を高めようとしている、誰に対しても心から優しいなど……。
「自分が持っていないこと/憧れていること」で、さらに真剣さやまっすぐなところ、優しさ、誠実さなど、自分が尊敬できる一面に触れたとき、人はその人の在り方に心を揺さぶられます。
それは外見などの外側の条件は関係なく、純粋な憧れや賞賛な気持ちとなり、それがさらに相手への興味へつながっていくんですね。
誰にとっても、心の深いところを動かすのは、いつも、まっすぐに人生に向かう在り方なのです。


楽しさや喜びを強く共有できたとき
最後は「楽しさや喜びを強く共有できたとき」です。
私たちは自分の弱さや、弱いところ、つらいことに共感してもらったときも、自分を受け入れてもらえているという満足を得ることができますが、反対に、プラスのこと……例えば、喜びや楽しさを共有できたときも、深い満足感を得ることができます。
自分自身と相手の区別がなくなり、自分と同じような価値観・感性を持っているからこそ、一緒に楽しむことができるし、笑いあうことができる……。こうした「一体感」を感じられたとき、相手に対して心の境界がなくなるんですね。
普段、私たちは自分と他人の領域を守りながら、一線を引きながら過ごしているからこそ、こうした「特別な時間」を持つことができる人が特別な存在に変わっていきます。
それが、仕事のプロジェクトを達成するといった大きな事柄であったとしても、同じ映画を見て笑い合えるというささやかなことであったとしても、喜びはいつも心の垣根を取り払ってくれるのです。

いかがでしたか?

恋愛には必ずきっかけがあり、たとえ出逢った直後であったとしても、深く心を動かすことができれば、それが愛という特別な感情・親近感につながっていくんですね。
こうした関わりは、決してテクニックだけで成功することではありませんが、これらの3つの要素を意識しながら人と関わってみることで、今までのコミュニケーションのパターンを変えることもできます。
今までのあなたのパターンを少しだけ変えてみて、表現を変えながら、運命の愛を手にするきっかけを作ってみてくださいね。
(斎藤芳乃)

2013.09.25

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP