> > 結婚にぴったりの男性、向いていない男性の見分け方

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 結婚にぴったりの男性、向いていない男性の見分け方

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

将来を考えて男性とお付き合いをしようとするときに大切なことの一つが、「相手を見極めること」です。お付き合いをする段階になると、どうしても表面上の外見や優しさ、振る舞いに気持ちが行ってしまったりして、なかなかきちんと相手のことを見極められないことも少なくありません。

今回は、女性が結婚して幸せになれる男性、苦労してしまう男性を見極めるための、3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

■他の人に対して差別的・排他的な発想をしていないかどうか
例えば、同性であったり身近な人のことを、厳しく批評していたり、自分の感性と合わない相手を攻撃していたり……。
「自分と同じではない相手を排除する」という排他的な思想を持っている人は、分かり合えているうちはいいのですが、ちょっとしたことで行き違いが出てしまうと、その攻撃性をお付き合いしているパートナーに対しても向けるようになります。

もともと「自分と相手が同じでありたい」という部分で支配欲が強いため、そこが害されてしまうと、まるで自分が全部否定されたように感じてしまって、相手を徹底的に排除するようになるんですね。こうした男性に対しては、常に機嫌をとり続けたり、気を遣い続けたり、同意し続けることが必要になるため、ケンカするにしても対等な立場でできなくなります。

無理に気に入られようとするのではなく、あなたが相手と対等な立場でいられる男性かどうかを見極めるようにしましょう。


■自分の欲求や欲望をどれくらい優先しているかどうか
人は誰しも欲求を持っています。もちろん、「○○が食べたい」「今はこんなことがしたいな」というような健全な欲求ならいいのですが、この欲求が自分の都合でエスカレートしてしまうようだとやっかいな問題に変わっていきます。

例えば、仕事をさぼってゲームで遊んでしまったり、パートナーのデートよりも自分がしたい趣味を優先したり……。女性側から見て、許容できる範囲ならかまいません。しかし、許容できないことだけど我慢をしてしまう男性だと、一緒にいても楽しくない、いつもないがしろにされている、といった気持ちを感じたり、「どうしてやってくれないの?」というフラストレーションが溜まることが多くなります。また、相手のやりたいことや趣味に引っ張られてしまい、最悪、家庭の経済状況が苦しくなるということも……。時には自分を律するという在り方をしているかどうか、そこを判断してみましょう。


■あなたに対して、良い自分だけではなく弱さも見せているかどうか
いつも愛する相手には素晴らしい自分を見てもらいたい。それは男性でも女性でも持っている、とても純粋な想いです。
けれど、結婚を考えるような恋愛では、ただいいところだけではなく、長い人生の中で、相手の悪い面やできない部分とも付き合っていかなければなりません。
そのため、お付き合いする段階では、まるで王子様のように振る舞ってくれていたのに、いざ結婚してみると「釣った魚にえさをやらない」とか、「全く家事を手伝ってくれなかった」ということもあります。
こうした場合は、お付き合いする段階から、相手の弱い部分やできない部分をあえて見極めたり、話し合ってみるようにしましょう。
お互いに弱さや、できないところを見せ合えてこそ、人生を協力しながら生きていけるもの。弱さも含めてお互いを受け容れ合えたときこそ、本当の絆ができるのです。


このように、結婚を考えたときは、ただ楽しい、嬉しいというだけではなく、相手の人間性や生き方のクセを見ていくことが大切なんですね。
表面上のことだけではなく、相手の深い部分まで見抜くことができれば、それは真実の絆になって決して揺るがないものに変わっていきます。
あなたが心から相手と理解し合って、100%納得して結婚するという大切な決断ができますように、心から応援しています。
(斎藤芳乃)

2013.10.07

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP