> > 婚活中に重要で意外と忘れがちな3つの極意とは?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 婚活中に重要で意外と忘れがちな3つの極意とは?

秋が深まり始めました。長く暑かった夏の気配はどこへやら、そのうち枯葉が舞い落ちる晩秋ともなれば、ああ、もうすぐクリスマス。今年も恋人ナシ、1人で過ごすことになるのだろうか? それとも女子会で……などと考えあぐねていると、それこそこの世で自分だけが孤独な人生を歩んでいるような気がしてきて、夜もおちおち寝ていられなくなってしまうかもしれません。そんな時は基本に戻るといいですね。

自分はのんべんだらりと生活しているわけではない。ちゃんと婚活をしているのだ……という気概と平常心を取り戻すのです。ネット婚活でメールのやりとりを増やすなり会社の先輩や親類に誰か紹介してほしいと頼むなり、何かしら行動することも大切ですが、その前に婚活に挑む心構えをしっかりさせておきたいもの。つまり、自分は結婚して幸せになるんだ……と決心すること。そのために精一杯努力しようと心に誓う人とそうでない人では、結果が違ってくるのは当然でしょう。

そのうえで、3つのことに改めて気をつけてみたいと思います。ひとつは、「出会った人の話をいい感じでよく聞くこと」。相手の話がイマイチおもしろくないと、ついさえぎってしまいませんか? ポンポンとノリよく話のキャッチボールをしているつもりで、実はかなりのケース、相手の話をちゃんと聞いていない場合が多いのではないでしょうか? あるいは、これだけは確認しておかなくては……と焦り、相手に興味があるわけではないのに、次から次へと質問責めにしてしまったり。それではただの自己満足ですよね。

こういう話題になったら、趣味の話を振っていいかな? 好きなタイプに話を持っていっていいかな? などと相手の身になって話を進めたり、相手をなるべくならいい気分で話せるように配慮してあげたいと思う優しさが必要です。そういう意識を持つだけで周囲の状況がみるみる変わってくると思うのですが、いかがでしょうか?

2つめは、「清潔感」こんな普通のことが意外と難しかったりします、婚活男子のみならず女子も。ついつい忙しさにかまけて自分のジョーシキになってしまっていることが、第三者的な視線から見るととんでもない場合もあります。常にどこか他者の視線を持てるといいですね。決して偉そうなことは申せませんが、最低限の常識は一応知っていないと、一種の社会参加である結婚には至れないと思うので。お洒落したり香水やネイルに凝ったりする前に必要だと思うのです、清潔感。いや、感じだけでなくて清潔であること!

3つめは、「焦ったり人をうらやんだりしないこと」。これはなかなか難しいです。友達に彼氏ができただけで、「よかったね〜! 幸せを祈ってるよん」とか言いつつも、もう話したくなくなっちゃったり、ましてや結婚話となったら仕事する気もなくなっちゃったり。デリケートで傷つきやすい婚活女子にはありがちなこと。こんな時こそ、人は人、自分は自分……と呪文のように唱えてでも感じ方をシフトチェンジしなくてはなりません。婚活中に自分が嫌なヤツになっちゃったら負けですもん。

人生をもっとトータルでとらえられるといいなあ! 人の言葉に一喜一憂したりグラグラ揺れたりしないで、屋台骨をシャンと持ちたい。といったって、総務のNさん、結婚するんだって……の一言に意識を失いかけたり、好きなタレントさんの浮いた噂を聞いただけで落ち込んだりしてしまう弱い自分をどうにかしたいわけですよ。もういっそ写経とかしちゃう? フルマラソンに参加して吹っ切る? 無理無理! 壁に美しい絵か写真を貼って心の安定を念じるとかロマンティックな音楽に浸るとか花を飾るとか、とりあえず身近なことで、自分の精神が被虐的にならないためにできることをどんどんしましょう! 

そんなことが? ただ結婚すればいいのではなく、幸せな結婚へ結実させると信じます。 
(稲木紫織)

2013.10.21

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP