> > 出会いがお付き合いに発展するときのポイントは?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 出会いがお付き合いに発展するときのポイントは?

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

素敵な男性と知り合ったとしても、なかなかお付き合いに発展しない……そんな悩みは多くあるものです。もちろん、他人の心は自分の思い通りにコントロールすることはできませんが、相手に「この人とお付き合いしたい!」と感じてもらえるポイントや、「この人ともっと関わりたい!」と思ってもらえるポイントは確実に存在しています。

今回は、そんな素敵な出会いから、お付き合いに発展していくための3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

1.共通点があり、相手に興味を持つとき
「この人ともっと関わりたい!」という欲求が生まれるのは、「この人のことをもっと知りたい」と思ったときです。特に、男性にとって自分の趣味や興味がある分野について話が合うとか、話に同調してもらえるとき、その女性ともっと関わりたいという欲求を持ちます。

例えば、「女性なのに自動車に詳しい」とか、「専門用語でも会話が通じる」など、他の女性では得られない共通の話題が持てると、「どうして同じ感性を持っているのだろう?」という興味と共に、「深めたい」という想いが出てくるんですね。人は、同属に対して特別な親近感を持ちます。相手との共通点を積極的に話題にしていくことで、「この人以上に、こんな会話ができる女性はいなかった」という気持ちにつながり、そして、お付き合いや愛情へとつながっていきます。

2.もっとこの状態を続けたいと思うとき
いつも会うたびに、特別楽しい時間を過ごせたり、他の人とは話せないような深い会話ができる……など、心を許し、自分自身を表現できたり、受け容れてもらえたとき、人は「この状態をもっと継続したい」という欲求を持ちます。具体的には、喜びや癒し、共感など、「ポジティブな感情を抱ける時間」が継続する場合です。

こうした感受性の一致や感性の共感が起きることで、「この人とは他のいろんな部分でも気が合うのかもしれない」と心を開きやすくなります。お互いにポジティブな感情を感じ合えるように、自分自身も心から楽しみ、そして、できるだけその感情・感覚的な心地よさを相手と分かち合ってみましょう。

3.貴重だと思ったとき
「今までの人生でいなかったくらい、美しい感性を持っている」「今までの人生の中で一番、知性的だ」というように、人は貴重だと思ったとき、相手に特別な価値を感じます。人は自然に、比較の中で自分自身や他人のアイデンティティをはかります。だからこそ、「今までなかった」というインパクトはとても強く、相手の印象に残るのです。それはけっして、オリンピックに出たり、素晴らしい学歴でなくてもかまいません。優しさや共感、女性としての感性、美しさ、母性、どんなことでも大丈夫です。

あなたが一番、自分の中で優れているということを遠慮なしに表現し、相手に特別さを印象づけてみましょう。

このように、お付き合いに発展する交流の中には、「他の女性とは違う」という強いインパクトが存在しているんですね。恋愛の始まりに、必要以上の遠慮は効果がありません。
ちょっとした工夫であなたの存在を印象づけて、素敵な恋愛へと発展させていってくださいね。
(斎藤芳乃)

2013.10.17

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP