> > 婚活中の人が理想の相手とめぐり逢うには?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 婚活中の人が理想の相手とめぐり逢うには?

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

婚活中の女性にとって、最も気になることが「理想の相手とめぐり逢いたい」ということです。多くの独身女性からのご相談でも、約半数の方が「出会いはあるけれど、理想の人とめぐり逢えない」ということに悩んでいらっしゃるんですね。理想の出会いはただの運で決まってしまうものではなく、きちんとした理由があるのです。

今回は、理想の相手とめぐり逢えない理由と、改善方法についてお伝えしていきたいと思います。

自分がどんな人とめぐり逢いたいか、分かっていない


結婚を求めるあまりに、「(相手は誰でもいいので)早く結婚したい」ということだけにフォーカスが当たっていると、いつまでも自分の価値観に合った相手と出会うことができません。
自分が結婚後はどんな人生を送りたいのかという具体的な目標について、例えば、子供が欲しいかもしれませんし、一緒に働きながら一軒家を持ちたいかもしれませんし、これまでのキャリアをもっと重ねたいという希望があるかもしれません。
こうして自分が歩んでいきたい人生設計を持ってこそ、そこで初めて「どんな相手となら、一緒に協力していけるのか?」ということが明確になっていくんですね。
また、ぴったり合った相手というのは、「自分と同じ価値観を持っている」「大切にしている信念が同じ」「自分と同じ趣味がある」「金銭感覚が同じ」など、日常生活での共通点があってこそ、分かるものです。

外側の条件や外見で相手を推し量るのではなく、上記のようにまずは、自分の希望や基準を明確にすることによって、心から求め合える相手を選び、そして絆を深めていくことができるようになります。

理想ではなく、自分の欲求を押し付けてしまっている


次の課題は、「理想の人」があまりにも現実離れしてしまっている場合です。
例えば、「顔はかっこよくて、一流企業に勤めていて、優しくて、誠実で、年収はいくら以上で、いつも自分のことをかまってくれて、私が働かなくても良くて、絶対に浮気もすることはなくて……、あ、まだまだ他にもあります!」というように、理想というよりも、相手に自分の欲求を押し付けていると、「実際にはそんな人物は存在しない」ということになってしまうんですね。
改めて、男性もプラスもマイナスもあるんだという理解を持って、良い条件を求めるだけではなく、実際的で人間的な交流を深めてあげましょう。

自分とは全く違う資質を持った人を思い描いている


最後に、自分とは全く違う資質を持った人を思い描いている場合についてです。
人は必ず、同質なもの同士が引き合います。
外に出て常に派手な交友関係を持っている人は、家にいて穏やかに過ごすことが苦手な面がありますし、倹約家で生真面目な人は、ブランド物を買って散財する女性を苦手とするかもしれません。
このように、「自分とあまりにも異なる性質を持っている人」は、お互いに価値観が合わないために、深い交流になっていきません。
ただし、「でも動物好きでも、特にこの動物が好きなところが一緒」「音楽の趣味が怖いほど似ている」「同じようなジャンルの知識に詳しい」などの特別な共通点があれば、発展していく可能性があります。

ですので、まずはあなた自身がどんな資質を持って生きているのか、それが「あなたが理想とする人」と自分がどれくらい共通しているのかを見極めましょう。
そして、相手に求める理想について、自分の側に足りない部分があったとしても、あなた自身がこれから変化していき、足りない資質を補っていくことで、自然に引き合う縁は変わっていきます。


理想の相手との出会いを求めるとき、自分の価値観の中だけで考えてしまうと、どうしても自分の矛盾点に気づきにくいため、思考の罠にはまってしまうことがあります。
今回のお話のように客観性を持って自分を整えてあげるだけで、今までとはまったく違った出会いをしていける自分になることができます。
自分自身と相手の理想を上手に知って、互いに幸せになれる恋愛関係を作っていってくださいね。
(斎藤芳乃)

2013.10.29

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP