> > 100年の恋も冷めるのは汚い食べ方? それとも携帯依存症?

婚活サイト「エキサイト婚活」のコラム 100年の恋も冷めるのは汚い食べ方? それとも携帯依存症?

つきあい始めの頃って、相手のちょっとしたことが気になりませんか? あ、トイレから出てきて、洗った手をそのままポケットに入れちゃった……とか、割り勘にして、戻ってきたお釣りの小銭をそのままポケットに入れちゃった……とか、別にポケットに恨みがあるわけじゃないですけど、ふとした時にオヤ、と思うことってありますよね。

衛生観念だったり経済観念だったり、好きな食べ物や趣味なども含めて、価値観と呼べる何ものかについては、どうしても共通点や違和感をチェックしたくなると思うのですよ、婚活中だと特に。それはそのまま、お相手も自分に対して感じているわけで、遠くの小鉢をついお箸でこちらへ寄せてしまった瞬間、相手がサーッと冷めるのがわかったり、気合いを入れて胸を寄せて上げるブラに挑戦したのに、食後、お腹がいっぱいでちょっと手で支えたら、パッドがキャミソールから飛び出しちゃったという友人もいましたっけ。

笑い話にできるものもあれば、別れ話になるものも。婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活まっ最中の会員さんたちに実施した「100年の恋も冷める相手の行動は?」というアンケート。回答例は「食事中に音を立てて食べる」「所構わずポイ捨てする」「何度も鏡を見て自分チェック」「一緒にいる時もずっと携帯チェック」「その他」の5択ですが、1位は珍しく男女が分かれました。女性は「食事中に音を立てて食べる」で38.4%、男性は「一緒にいる時もずっと携帯チェック」で41.7%です。

ちなみに、女性の「一緒にいる時もずっと携帯チェック」派は20.1%で3位、男性の「食事中に音を立てて食べる」派は19%で、同じく3位。この入れ替わりがおもしろいなと思いました。女性は、男性が携帯を見ているよりも汚い食べ方が嫌で、男性は、女性の食べ方が汚いよりも携帯を見ているほうが嫌なわけですよ。女性のほうが生理的な嫌悪感が待ったナシで、男性は自分から注意が外れているのが許せない……という感じでしょうか。

1位の婚活女子の「汚い気がする。食事が美味しく一緒にできない人とは、一緒に生活できないから」「全部ダメですけど一番嫌なのはこれかな」などが代表コメントだと思いました。婚活男子の「仕事上のチェックならまだしも、ずっとでは、一緒にいる意味がないということだね」「失礼すぎる」というコメントも当然ですよね。というか本当に携帯チェックが必要な特別な事情があるなら、ちゃんと説明すべきだと思います。単に依存症であるとかゲームをしないと人と話ができない症状なら、それは別次元の問題ですから。

男女が逆となる3位の“携帯”派婚活女子のコメントは「単純に寂しいと思うので」といういじらしい意見もあれば、「体内に埋め込めば? と言いたくなります」という過激な意見も。痛そう! “食事”派婚活男子のコメントで「育ちがわかる! 」は納得です。
2位が男女とも「所構わずポイ捨てする」で、女性31.1%、男性29.8%。婚活男女のコメントも「人としてダメすぎ」「人間性が問題」と同意見が主流でした。4位の「その他」では、婚活女子の「全部ダメ」というコメント多数。「DV、ストーカーなどの犯罪行為」というコメントがありましたが、これは婚活以前の問題ですよね。「初対面なのに圧迫面接をしてくる男性」というコメントも。エラそうに聞いてくるのは自信の無さの裏返しだと思うのですが、それで恋人同士になれると思っちゃってる男性、要注意ですよ!

同じく4位の「その他」派男女とも「口臭、わきが」というコメントがありました。日本人は匂いにとても敏感ですよね。生理的な問題は恥ずかしいけれど、家族や友人にお願いしてクンクンしてもらって体調や体質をチェックし直し、周囲に迷惑をかけないようにしたいもの。婚活以前に人として気をつけなくてはいけないことが、意外にも結婚を左右することって多いんですね。美醜以前に清潔を心がけようと、改めて実感したのでした。 
(稲木紫織)

2013.11.20

エキサイト婚活で婚活はじめませんか?
無料会員登録をするだけであなたにぴったりのお相手が探せます!

無料会員登録してから探す

婚活コラム一覧へ

ページTOP