> > > 「家庭環境」の違いがコンプレックスで…

デート後 / 婚活:タイミングの悩み

「家庭環境」の違いがコンプレックスで…

30代女性

ご相談内容

こちらでお会いした方をとっても好きになりました。
自分からメールした方で、実際お会いしてみても想像以上に素敵な方でした。

ただ、彼との家庭環境の差が気になってしまい、積極的になりきれません。

彼のお家は、ごくふつうの仲良し家族。
ご両親も定年後、悠々自適にお暮らしのようです。

私の家は、昔に父親の借金問題もあって両親が不仲で、経済的にも両親の定年後は、私が支えていかなくてはなりません。

よく、結婚相手は家庭環境が似た相手が良いといいますが、私はできれば、明るい家庭に育った方と結婚したいと思っています。

お相手を好きになればなるほど、コンプレックスが強くなってしまいます。
でも、この壁を越えないと、今回のお相手に限らず結婚はできないと思っています。
是非アドバイスをお願いいたします。

アドバイザーの答え

はじめまして。エキサイトカウンセラー の尾崎 かおる と申します。
ご相談をありがとうございます。

エキサイト恋愛結婚で、素敵な方と出会うことが出来たのですね。
お会いしても、しみじみその方の素敵さを感じていらっしゃるのですね。

その方を大切にしたい、自分だけではなく、彼のこと、そして周りの家族の方々も含めて、皆で幸せになりたい、というあなたの思いが伝わって来るようなエピソードです。

そうするとやはり慎重になりますよね。
互いの家庭環境のことも非常に気になるお気持ちは分かります。

それでも、これまでご両親のこと、経済的なことなどでずいぶん苦労をなさって来たあなただけに、是非これからは、ご自身のために生きて、ご自身の幸せをつかんでほしいと心からお祈りします。

あなたの『明るい家庭に育った方と結婚したい』という思いを叶えてほしいのです。それは『明るい家庭を築きたい』という願いの実現にも繋がって行くことだと思います。

まず、ご相談を拝聴して気になったのは、『結婚相手は家庭環境が似た相手が良いといいますが』というお言葉でした。
実は、私と私の周りでは、こんな言葉を言う人は今まで皆無だったのですね。

もちろん、世の中にはこういう考え方の方もいらっしゃるでしょうし、現に私の周りでも言っていた人が存在したかも知れません。
でも、私の耳には止まりませんでした。だから、私の場合、この言葉を読んで「??」と首を傾げます。

一方、あなたの耳には、世間の人々が思っている常識かのように、あたりまえに何度も聞える言葉だったのかも知れませんね。

これは何を意味するのでしょうか?
実はあなた自身が、『結婚するなら同じような環境の人』という思い込みを持っているからこそ、耳が拾ってしまうのです。

何も今回のことに限らず人間はさまざまな思い込みを持ちがちで、その原因の多くは、幼い頃に親か、もしくは親代わりになるような人々から植えつけれたり、彼らの発言から幼い心が選び取った価値観が元になっています。

そしていつのまにか、その『思い込みの範囲内で許される程度の幸せ』を探してしまうようになる人も多いかも知れません。自分を世の中に合わせ過ぎてしまうのですね。
これは自分で自分の自由を、著しく奪い取ってしまう行為かも知れません。

でも、こうして冷静に考えて見ると、この考え方はすごく昔の日本の、家柄や身分の差を重んじていた時代の価値観のように思いませんか?

お父様がどんな事情で借金を作られたのかは、このご相談では伺い知れません。でもそれらは、お父様本人、もう少し広げたとしても、ご両親の責任の範囲内の出来事です。

大人になるとこの事が理論的に分かって来るのですが、幼い頃からご両親の不仲な場面を繰り返し目撃して育った子供はどこへも逃げられません。
多くの子供は、無意識の中で「自分のせいで両親が不仲なんだ、自分のせいで苦労しているんだ」という思い込みを持つこともあります。

現にあなたも、本来ならお父様が持つならわかるようなコンプレックスを、あたかも自分のものかのように抱えていらっしゃるのですから。
ここはまだ、親離れができていないところかも知れません。

今のあなたは立派な大人の女性です。
自分だけのことではなく、相手や周囲の方々のことも考えたり思いやったり出来るように育っています。

もう大人の女性に育っているのです。
ですから、自ら、親離れをしてください。

ご両親の面倒を見て行こうと決心されているのは立派なことだと思います。
でも、できればそれを、コンプレックスではなくて、自分の立派なところだと自負してください。
過ぎてしまったことは仕方ありませんが、そんな環境の中でも強く生きてきたご自身を誇りに思ってください。

何故なら、あなたが素敵な異性と結婚したいと感じるように、相手の方もまた素敵な女性と結婚したいと思っているのですから。
例えば、相手の方があなたに好意を寄せ愛してくれる瞬間が訪れたとき、あなたが自分自身を愛せていないのでは、家柄云々よりずっと失礼な話ですよね。

心からありのままでお付き合いができる素敵なパートナーを探してくださいね。
そのために、あなた自身がまずあなたという女性を愛し、大切にしてくださいね。

ご多幸をお祈りします。

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

尾崎かおる

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP