> > > 婚活サイトで好意をもてた相手をあきらめきれません・・・

デート後 / 婚活:トラウマ・コンプレックスの悩み

婚活サイトで好意をもてた相手をあきらめきれません・・・

30代女性

ご相談内容

こちらでメール交換をはじめた方と2度お会いして、相手に好意を持ちました。

だけど、その後にメールをし、返事はきたのですが、私に質問をしてくることはなくなりました。
めげずにもう一度食事にお誘いしたのですが、遠まわしに忙しいとお断りのメールが来ました。

それからメールがきません。あきらめようと思ってはいるのですが、あきらめることができません。どうしたらいいでしょうか。

アドバイザーの答え

こんにちは。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの三吉野と申します。

エキサイト恋愛結婚で、パートナーを探していらっしゃるのですね。
末永くまじめにおつき合いできる相手と出会うために、サイト上でお互いの情報を公開しながら自分にぴったりの相手を探す地道な努力をされてきたのですよね。
その努力が実ってメール交換がはじまったときは、出会いの予感と期待で思わず胸がときめいたのではないでしょうか。

ようやく探していた相手と運命の出会いかもしれない。ようやくこれまでの努力が実るかもしれない。そう思えばメールのやり取りにも力も入ることでしょう。
メールのやり取りで感触がよければ、さらに交際に向けて期待も募りますね。実際に会ってみて、あなたは彼を気に入り、交際に向けて「GOサイン」が出たのですよね。

あなたの方では心の中で徐々にステップを踏んで、おつきあいをする準備を無意識にしていたのでしょう。でも彼は、あなたと同じ気持ちではなかったようだということですね。

遠まわしにでもお断りの連絡をくれたという点では、誠実な人だと思います。
しかしあなたの方からすれば、期待していた展開と現実が違い、あきらめようにも急には軌道修正ができないという状態かと推測します。
それほど、あなたがこの出会いにかけていた気持ちが大きく、ご自身ができる限りの努力をされてきた、ということなのではないでしょうか。

これはひとつの可能性として読んでいただければと思うのですが、今のあなたの状態は彼への恋心や交際する可能性があきらめられないということではなくて、ご自身が失ったものについての『気持ちの処理』が追いつかないのではないでしょうか。
失ったものと言っても、実際になくなったわけではないので複雑なところですが・・。

簡単に言いますと、相手から「受け入れられなかった」「認められなかった」感じることによって、自分の自尊心が傷ついたような気持ちになったり、存在価値を値引きされたような気持ちになったり、重要な人物ではないと烙印を押されたような気持ちになったりする場合のことです。

つまり、相手の言動によって、自分の大切なものを「奪われた」ような体験をすることです。

もちろん他人があなたから自尊心や存在価値を直接的に奪うことはできないのですが、なんとも言えないさみしさや悔しさ、やるせなさのやり場がないときに、私たちは他人や環境のせいで「大切なものが奪われた」と感じることがあるのです。

通常の人間関係でも、自分が何か投げかけてレスポンスがなければ、不安になったり心配になったり、さみしい気持ちを味わったりしますね。それが好意を持っている相手ならばなおさらそうでしょう。

もし今のあなたの心にぽっかりとそのような穴が空いてしまっていて、次のステップに踏み出せないとしたら、すぐにでもやってほしいことがあります。

★彼に受け入れられなかったからといって、私の魅力が損なわれたのではない
★今回のことで、私の存在価値は何ひとつ失われてはいない
★できる限りのことをやってつながらなかったということは、縁がなかったんだ
★彼と縁がなかったということは、もっとふさわしい人がこの後に控えているんだ

・・・こんなふうに捉えて、ある意味で自分の味方になり、あなたに本当にふさわしいパートナーと出会うために「自分を後押し」してほしいのです。

当のあなた自身にはショックが大きいかもしれません。
でも長期的かつ客観的に見るならば、一人の方とのおつき合いが成立しないことくらいで、今後控えている多くの出会いを棒に振るのはもったいない限り。
せっかく多くの方と出会える環境に身をおいているのですから、その出会いの可能性は大いに活用しましょう。

もちろんこれからも、誰かとつながらない体験をするたびにさみしい気持ちを味わったり、自分に魅力がないのかと不安になったりするかもしれません。
でも、うまくいかないたびに、自分で自分のことを見捨てたり自分の価値を疑ったりしていては、あなた本来の魅力までかすんでしまいます。

自分の中に本来あるものは認め、どんどん発揮していきましょう。
事実、一人の男性があなたと「会ってみたい」という気持ちになって行動を起こしたのですから、それはひとつの実績として自分を認めてあげてください。

パートナー探しを今後も続けるとしたら、出会って話してみて、あなたの方から「違うな」と感じることだって生じるでしょう。そのときに、無理も背伸びもせずにきちんとそのことを伝えたりお断りをしたりすることができたら、それは自分のことも相手のことも大事にしていることだと言えるのではないでしょうか。

なんといっても、お互いに自分が大切に思える特別なパートナーを探して本サイトに集ってきた同志なのですから、妥協せずに自分の感覚にしたがって決断をするのが誠実な態度なのだと思います。

「今回の体験から、人間関係をどんどん学んでやるぞ」くらいの意気込みで、パートナー探しを続けてみてくださいね。

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

三吉野愛子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP