> > > 2回目のデートまでうまくいくのに、お断りされます  

デート後 / 婚活:容姿の悩み

2回目のデートまでうまくいくのに、お断りされます  

30代女性

ご相談内容

こんにちは。初めて相談させていただきます。

メールを交換し、いいなと思うお相手に実際に逢って、2回目のデートまではうまく行くのですが、その後お断りされてしまうことが続いています。

1回目でお互いが気に入ったから2回目お会いするのですが、その間もメールでお互いの生活習慣や将来や夢などを話し合い、「付き合って下さい」といわれたり、「次も会ってくれますか?」と言われるので、男性の言葉を信じて『今度こそうまく行く』と決心をすると・・・

2〜3日後に「価値感が違うと思います」と断りメールがきてしまいます。
デートの時には考えられなかった、青天の霹靂のようなメールにパニックになりました。

デートでの男性の言葉は嘘なのか、どうして心替りを突然するのか?理解できないことばかりです。
信じたいと思った後の突然のお断りは、心に痛手の傷を残します。
このままでは、ますます恋愛恐怖症になってしまいます。

どうしたら傷つかない出会いができるのでしょうか?
どうか教えてください。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
また、ご指名をありがとうございます。

2回目のデートまでいい感じだったのに、その後、お断りされるようなことが続くと、本当に傷ついてしまいますよね。

あなたの感受性は女性らしい純粋さがあって可愛らしいなあと思いますし、相手を信じようとする気持ちは大切だと思います。

ただ、その感じ方をもう少し先に延ばしていただけませんか?

お互いの生活習慣や将来や夢などを語り合っていると、その相手との結婚路線上に乗った錯覚に捕らわれがちですが、まだ2回目のデートです。もちろん、その次へと進むための大事なプロセスの一環ですが、まだ深い恋愛状態ではないですよね。

あなたご自身、2回目のデートまで進んだ方たちそれぞれと、すぐにも結婚したいと思われていたわけではないでしょう。
逆に、相手から性急に迫られても、早く結婚できればいいというわけではない、と現状を見つめなおすのではないでしょうか。

エキサイト恋愛結婚での出会いの場合、ただ何となくデートを重ねるというより、相手を決定するために進展が早い傾向があると思います。
愛せる相手を見つけるまでは、複数の相手とメールのやりとりやデートをする方もいれば、傷つきたくなくて早めに関係性を絶ってしまう人もいる。おつきあいの仕方だけでも千差万別です。

その段階の期間に、あまりに思いをかけ過ぎたり、あるいは相手の言っていることを信じきったり、過剰な期待を持ったりするのは、あまりに時期尚早ではないでしょうか。

少なくても3、4回目のデートまではもう少し気軽に、「最初はお友達から・・・」的な感覚で会われることをあなたにはお勧めします。
「今度こそうまく行く」と決心する時期を、少しだけ後にしていただきたいのです。

あなたご自身、そのほうがラクになるだけでなく、相手も、もし万が一、あなたの意識から無言の重さのようなものを感じてしまって、「次も会ってくれますか」と言ったにもかかわらず引いてしまうことがあったにしても、それを回避できます。

そのあたりの態度は難しいものがありますよね。
あまり前のめりにならないように淡々としていたら、その気がないと思われて早々に引かれてしまうこともあれば、相手の話を一生懸命聞いて相づちを打っていただけなのに、すごく乗り気に思われて誤解を招いてしまうこともある。

お互いに恋愛相手であると決めるまでは、どうかもう少し、ゆったりと穏やかに構えてください。

「晴天の霹靂」「パニック」「嘘」「心替わり」・・・。
お気持ちは重々わかりますが、それはもっとしっかりとした恋愛関係を築いてから使うべき言葉のテンションではないでしょうか。

デート2、3回目の段階からそういうテンションでいると、たぶん、相手はびっくりしてしまいます。
あなたも、もしお断りせざるを得なくなったら、「価値観が違う」としか言いようがない場合があるかもしれません。

ゆったり構えているほうが、出会ってからもいいペースが生まれます。
あなたがゆったりしていると、相手もゆったりさせてあげることができるでしょう。

結婚相手は一人なのですから、その人に出会うまでは、「断る」か「断られる」という状況を避けることはできません。
男女が恋愛や結婚を目的に出会う場に立つ以上、「傷つかない出会い」はないのです。

だからこそ、傷つかないために自分の心をなるべく強く保てるよう、感じ方をちょっとだけ意識してみていただきたいのです。

ゆったり構えて相手に思い入れ過ぎないとか、もし断られても
「縁がなかったのだから、それがわかってよかった。私にもっとふさわしい人とこれから出会えるということなのだから」
・・・と割り切る気持ちの方向に自分を持って行くこと。

逆に断る場合は、相手の傷を深くしないようにする思いやりを持つこと。
そういう心の持ちようが、婚活には必要だと思うのです。

出会ってしまえば、相手はあなたの一途なところや少女のように純粋な感性を素敵だなと思うことでしょう。

それを長続きさせるには、ちょっとしたことで怒ったり泣いたり、感情をむき出しにするだけでなく、一歩引いて見つめたり、穏やかに受け止める姿勢をも示していくようにすると、さらに人間性の深さを伝えられるのではないでしょうか。

恋愛恐怖症になってしまうとおっしゃるほど感受性の強いあなたに、少し荒療治なことを述べてしまったかもしれません。
でも、その感受性が柔軟さを持てば、あなたの魅力は最強なものになると信じます。

心から応援していますよ。
どうぞがんばってくださいね。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP