> > > 好きな男性に、素直に甘えられません・・・

アプローチ / 婚活:恋愛感情の悩み

好きな男性に、素直に甘えられません・・・

20代女性

ご相談内容

男性に甘えることが出来ません。
今までは、お付き合いした男性と合わない事が原因だと思っていました。

でも、好きになればなるほど、甘えられなくなっている事に気づき、自分が原因なんだと思うようになりました。

自分が甘えたい時に素直に甘えるには、どうしたらいいのでしょうか?

アドバイザーの答え

こんにちは。はじめまして。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの佐藤栄子と申します。
ご相談をお受けいたしました。

好きな男性に素直に甘えることができない・・・「甘える」って難しいですよね。

まして好きな相手であれば、当然よく思われたいですから、「相手の負担になりたくない」「打算的だと思われたくない」など、頭の中で色々と考えてしまって、なかなか行動に移せないものです。

私達はみな、大人になる過程で「早く一人前になりなさい」と言われて育ってきましたよね。一人前とは、何でも一人でできるようになること。

そして、きちんとした、真面目な性格の人であればあるほど、「一人で頑張らなくては」という思いを強くしてしまうものだと思います。

もしかするとあなたもかなりの頑張り屋さんで、今まで何でも努力して自分で何とかしてきたのかもしれませんね。それはそれで、とても立派なことです。

でも実際に大人になってみると、一人で何でもすべて解決していくことって、相当大変なことだとわかってきますよね。
完璧な人間なんて存在しないのだから、皆弱いところ、苦手なことがあり、だからこそお互い助け合って生きているのです。

「甘え」には「プラスの甘え」と「マイナスの甘え」があると思います。

「プラスの甘え」とは、「相手を信じて、頼る=信頼する態度」
「マイナスの甘え」とは、「自分でできることを他人にまかせ、何かをtakeする態度」です。


今まであなたは「甘える」と聞くと、「マイナスの甘え」のほうをイメージしてしまい、男性に嫌われるのではないかと、甘える行為を控えてしまっていたのかもしれませんね。

そうではなく、信頼関係をつくっていくための第一歩、男性に「プラスの甘え」でアプローチしていけるようになれば、今までの恋愛とは違った展開になっていくと思います。


ではどうすればいいか。

自分ができないこと、知らないこと、苦手なこと、困ったとき、寂しいとき・・・その思いをそのまま、隠さずに相手に伝えてみましょう。

相手の方は、そのような「弱い部分」を自分に見せてくれたということは、自分のことを頼りにしてくれていると感じます。
人間は、「期待に応えたい」という思いが本能的にありますから、その気持ちを裏切ることなく、あなたを助けようとしてくれるはずです。

また、他人にきちんと甘えられるようになれば、おのずと相手の弱い部分も理解し、受け止めることができるようにもなります。

それを繰り返しているうちに、お互いの心が寄り添い、親密になっていくのだと思います。

甘えることは悪いことではなく、むしろ相手との距離を縮める手段としてとらえ、心の通い合う恋愛をぜひしていってほしいと願っています。

応援しております。
ご相談ありがとうございました。

画像

回答したアドバイザー

エキサイトお悩み相談室

佐藤栄子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP