> > > 「電話で直接話しましょう」と言われるけれど・・・ 

アプローチ / 婚活:タイミングの悩み

「電話で直接話しましょう」と言われるけれど・・・ 

30代女性

ご相談内容

はじめまして。

メールでやりとりして間もないのに、「電話で直接話しましょう」と言われることが何度かあり、困っています。

あまり電話そのものが好きではなく、電話より会った方がいいとは思ってますが、やはりそう親しくなってないうちに会うのも…

相手の方からしてみれば、忙しい、メールが苦手、めんどくさい、電話の方がお互いどういう人かわかりやすい、手っ取り早い、といった考えなのでしょうが。

よろしくお願いいたします。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。

私もあまり電話が得意ではないので、お気持ち、すごくよくわかります。
でも反対に、電話で話すのが大好きな方もいらっしゃいますよね。

お相手の好みになるべく合わせたいと思いながらも、そこが悩ましいところです。それに、女性側からすれば、ハートメールでのやりとりであれば、プライベートとは一線をおいた部分でやりとりができますけれども、親しくならないうちの「電話番号の交換」は、ちょっと怖い・・・という気持ちも当然ありますよね。

個人情報を必要以上に隠すのはどうかと思いますが、自宅の電話番号からは住所などがわかってしまうので、あまりオープンにするのも考えもの。
そのあたりは自己責任ですから、注意は怠らないほうがいいでしょう。

エキサイト恋愛結婚では電話に近しいツールとして、リアルタイムにコミュニケートできる「チャット」を用意しておりますので、そちらをご利用いただけたらとも思いますが、その後の展開として、やはり電話は避けられない手段。相手にも不快感を与えず、かといって自分自身も無理したり嫌な思いをしたりせず、楽しく取り組んでいきたいですよね。

あなたがおっしゃるように、相手の方からすれば、「忙しい、メールが苦手、めんどくさい、電話のほうがお互いどういう人かわかりやすい、手っ取り早い、といった考え」の人が多いのだろう、とは思います。

「僕は、実は職場の女子たちからは、 “うぐいすイケメン” と呼ばれていて、声がセクシーらしいんですよ(笑)。見た目は全然そんな感じじゃないんですけどね。電話で話すとメロメロになっちゃうって騒がれてるものですから、自分の武器としてとりあえず電話かなと・・・」

「人の声色を真似るのが特技で、特に、向井理と阿部サダヲが、自分で言うのもなんなんですけどソックリなんですよ。あのドラマのあの台詞で・・・と言ってもらえれば、完全コピーしてみせますよ。ジョニー・デップの声で電話してきて・・・とか、リクエストもらえたら嬉しいなあ。今夜、ジョニデからラブコールがあるよ・・・、なんてね(笑)」

などといった、どうしても電話で話したいという確固たる理由がある男性が
多いとはとても思えませんからね。

ただ、女性もそうだと思うのですが、声ってすごく重要なポイントじゃないですか?
声とか話し方でものすごくいろいろなことがわかるなあ、といつも思います。

ですから、電話での対応は本当に疎かにできません。
だからこそ、なるべく絞りに絞ったお相手とだけ電話したい、という気持ちにもなりますよね。

私がお勧めしたいのは、 電話で話すことをお相手から望まれたら、こちらの意思表示をきちんと伝えてみてはいかがでしょう、ということ。


(1)「電話は、お会いしてからと決めているんです。ごめんなさい」

(2)「電話が苦手なものですから、電話番号をお知らせするのは、実際に
お会いすることを決めてから、と思っているんです。ごめんなさい」

(3)「口ベタで(あるいは、シャイで。または、すごく恥ずかしがりやなので)
電話に自信がないものですから、電話でお話しするのは会ってからと
決めてます。ごめんなさい」


3つの内容の違いは微妙ですが、このあたりから、あなたの感じ方に一番近いニュアンスを選んでみていただけませんか?

(1)だと、ちょっとお高くとまっているように受け取られるかもしれません。
でも反面、毅然とした側面を伝えていて、誰とでも軽々しく会ったり電話したりしない、尻軽とは無縁の女性なんだろうなあ・・・と思われるかも。

(2)は、電話番号を教えない理由を説明していますから、(1)ほどクールな印象はないものの、言い訳っぽく思われてしまうかもしれません。
ただ、これが一番、一般的に通用する言い方ではないでしょうか。

(3)は、そこまでへりくだらなくてもいい気はしますが、もしあなたが「私って、本当にそうなの」という気持ちがあれば、こちらで。

気をつけたいのは、この文章の後に、「私のこういうやり方が嫌だったらお返事くださらなくていいです」みたいな捨て台詞めいた一文を加えないこと。

そう加えなくても、これでカチンときた男性は決して返信しないでしょうから。

でも、あなたがご自分の気持ちに正直に生きるのはとてもいいことです。
お互いの価値観というのは、何かがないとなかなかわからないもの。

遠慮し合って、時候の挨拶や当たり障りのないお世辞ばかり言い合っていてもしょうがありません。
恋愛したり、結婚したりというムーブメントの前にはどうしたって、お互いの「ここは譲れない」「これが私」というコアな部分の発露を知り合う必要があります。

今回の問題は、あくまでその第一関門です。

相手に合わせてあげられること、相手を楽しませてあげること、相手によい影響を与えられることは、どんどんトライしていただきたいですが、早く結婚相手にめぐり会いたいからと、本来の自分を偽って無理したり、我慢したり、ということが得策とはどうしても思えません。

たかが電話に対する処し方といった何気ない事象であっても、大事なこと。
あなたが執るご姿勢が、あなたの人生を牽引していくのだと思います。
そして、あなたと同様の感じ方をしている男性も決して少なくないはず。

むしろ通常は男性のほうが、電話好きはそう多くはないと思うのです。

かといって、電話嫌い同士でおつきあいすればいい、と言っているのではなく、それぞれの好みや違いを理解したうえで、自分に無理をさせず、相手を尊重することのできる大人の男性と出会えればいいのですから。

あなたがご自身に誠実に、そしてお相手にも誠実に対応していらっしゃれば、必ずや電話のみならず、価値観のぴったり合う男性と出会えるでしょう。

心から応援しております。

響子

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP