> > > 婚活における「相手から質問してもらうコツ」は?

アプローチ / 婚活:コミュニケーションの悩み

婚活における「相手から質問してもらうコツ」は?

30代女性

ご相談内容

「「質問攻め」されるとひいてしまう・・・という」女性の相談を読みましたが、彼女を「うらやましいな」と感じました(笑)。

私にとっては逆に、男性のほうから「どんどん質問してほしい」のですが、一つの質問さえ投げかけてこない男性のほうが圧倒的に多い、というのが、ここで数ヶ月間活動しての実感です。

そこで、男性のほうから質問をするようにしてもらうのには、どうすればいいのでしょうか?
プロフィールの書き方などによって「キャラ作り」をしたほうが良いのでしょうか。

「男性から質問して話を広げてください」と直接言うのはちょっと大人げないように思いますし、だからといって、女から積極的に会話や物事を進めるのは信念に反します。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

お気持ち、とてもよくわかります。
お相手から質問していただく方向へ持っていくほうが難易度が高いですから。

数ヶ月間活動されて、一つの質問さえ投げかけてこない男性のほうが圧倒的に多かったとのことですが、あなたがどのような対応をされていたかが気になります。

一番最初に話の口火を切るのは、やはりあなただったのでしょうか?

女性としての慎みを大事にされて、お相手への配慮やサービス精神もお持ちで、ご自身の価値観もしっかり把握されてらっしゃる聡明なあなたのことですから、沈黙が続いてはいけない・・・と、緊張しているであろうお相手の気持ちを考慮し、優しく質問を振ってさしあげたかもしれません。

初対面で、ずーっと黙っているのはかなりしんどいですよね。

たまたまあなたとお会いすることになった男性がみなさん、基本的におとなしくて、あるいは口ベタで、自分からはほとんど話しかけないタイプだったとしても、結婚を目的としての婚活の一環としてお会いしているわけですから、本当にまったく質問がないとは思えません。

ただ、おとなしい男性の場合、相手から質問されて会話が始まると、従来の慣れ親しんでいるパターンにあっさり取り込まれてしまい、相手から与えられたパターンに組み込まれたまま、自分から質問する意志を逸してしまう傾向も見受けられるようです。

あなたが、決して質問攻めにしたわけではないと思うのですが、初期行動というのは、得てしてパターンを決定してしまう場合が少なくありません。

本来でしたら、「いろいろ気を使って質問してくれて、優しい人だなあ」と感じるべきところなのに、ある種の力関係が発生してしまい、質問された側はあなたの優しい心遣いとは違う領域で、あなたに従属する精神のパターンを無意識のうちに感じてしまうという・・・。

ここまではっきりしたものではないかもしれませんが、よほど話好きな男性でない限り、女性に仕切られたらそちらへ従ってしまうという人も多いでしょう。基本的に面倒くさがりだし、女性の好きなように任せておいたほうがうまくいく、と思っている男性が多いのではないでしょうか。

あなたに試してみていただきたいのは、ご自分から質問しないこと。

えーっ、場がシラけたり、沈黙でクラくなったりしちゃいませんか?
とご心配ですよね。

ですから、ただニコニコしてらしてください。

手元だけ見つめてジトーッとしていてはいけません。
デート先のカフェでコーヒーが出てきたら、「あ、美味しい!」とか「最近、豆乳ラテにハマッてるんですよ〜」とかおっしゃっていいのです。
楽しそうに、美味しそうに。

たまに彼の顔を見てさりげなく微笑む。
でも質問しない。

「何か聞けよ」「早く聞けよ」と念を送って、プレッシャーを与えないこと。

相手が話しかけやすい雰囲気作りというのは、かなり高度なテクニックかもしれません。
待ち構えているような態度でなく、「お天気良くてよかったですね〜」とか、何か二人で共感できるような、共鳴できるような方向へと持っていっていただけませんか?
大したことじゃなくて全然いいのです。

「空がきれい」、「これ、美味しい」とか、何かを見て、「可愛い!」とか。
緊張しているかもしれない男性をくつろがせるには、まずあなたがリラックスすること。
肩の力を抜いて、気持ちを安らかに、言葉も柔らかく!

「やだ〜、緊張しちゃって肩カチカチで〜す」って言っちゃってもいいかもしれない。
ただし笑顔で!!

いろいろ質問するより、黙ってニコニコしていたほうが効果的な時間もあるのです。
自分の存在が許されている感じがないと、なかなか話しかけづらいものですから。
言葉より、笑顔のほうが威力があるはずです、特に初対面は。

言葉が力を発揮してくるのは、その人の人間性や存在感を認められてから。
たいていの人は、全体の雰囲気で判断していると思うのです、それこそ動物的直感で。
ですから、安心して落ち着いてニコニコしてらしてください。

言葉よりも語るものがあります。

具体的に何の話題も出てないし・・・と思うと、何のために会ったんだ!?
と、イライラなさってしまうでしょうか?

質問してその答えを確認することより、その前に二人にはもっと大切なことがあるでしょう。
どうか、そういう時間を受け容れることをご自分に許していただきたいと思います。

私は、女性がイニシアチブを執ることがいけないとは思いません。
自分の資質を生かし合えるならどちらのキャラでもかまわないし、男女が逆みたいなスタンスで幸せなカップルもいっぱい知っています。

でも、『「男性から質問して話を広げてください」と直接言うのはちょっと大人げないように思いますし、だからといって、女から積極的に会話や物事を進めるのは信念に反します』という確固たる信念をお持ちのあなただから、あえて申しあげるのです。
結婚しているお友達や先輩たちに聞くと、「女性がうまく操縦して男性を仕向けるのがコツよ」みたいなことをおっしゃる方がおられるかもしれません。
確かにそういう部分はなくはないでしょう。でも、作為的にお芝居する必要はないですよ。
あなたが本当に感じたことを表現なさればいい。
感動した言葉ほど人の心を動かすものはありませんから。

「あなたって、なんて素晴らしいの!」

「なんて男らしいの!さすがね!!」

「頼りにしてるからがんばって!」

「大好きよ!愛してるからね!!」

心から発せられる女性の言葉は、男性を励まし鼓舞し、天下国家にまで影響を与えてきたことは、歴史的にも明らかですよね。
そして、結婚して家庭でそういう展開がなされるのは本当に素敵なことだと思います。

まず信頼関係を作ることです。
この人なら聞いてくれる・・・と安心して話せる雰囲気を醸し出すことが大事。

あなたが知的できっちりしたタイプでしたら、もう少し雰囲気を柔らかく!
黒かグレーのパンツスーツが基本なら、白や淡い色のワンピースとかフレアスカートでふんわりした印象を演出したり、ヘアスタイルに少し巻きや盛りを取り入れて女性らしさをアピール。お似合いのパンツスーツは、どうぞ3回目以降のデートまで待ってください。
「私は黒しか着ません」という流儀でない限り、フレキシブルにチャレンジなさっていただきたいです。

女性らしさを意識しておられるあなたのことですから、そのあたりは万全だと思いますがイメージ戦略、つまり“キャラ作り”は、相手のため以上に、自分に勇気を与えてくれる武器。
ふんわりしたファッションだと、自然にリラックスした話題になりませんか?
お相手を楽しませると同時に、あなたご自身も楽しめる方向へ心を向けていってくださいな。

一緒にいるだけでニコニコ楽しそうにしている女性は、モテます。
ま、最初だけでいいんですけどね(笑)。
男性は臆病なところがあるから、最初が肝心な気がします。

少しずつご自身の演出がこなれていくうちに、必ずや相手からの質問が増えてきますよ。
そしたら、真面目に几帳面に答えるだけでなく、はっきりしないことについては「わかんな〜い」とか「できな〜い」とか、甘えるような答え方をなさっても、あなたの場合は素敵です。

完璧で近寄りにくい印象を気さくなモードにシフトできたら、質問どころか、知らないうちに手をつながれちゃってると思いますけどね。

あなたなら、できます!
心からご健闘を祈ります。

響子

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP