> > > なかなか会えない、バツイチの彼とのこと 

デート / 婚活:婚活疲れの悩み

なかなか会えない、バツイチの彼とのこと 

30代女性

ご相談内容

このサイトを通じて気になる男性に出逢えました。
1ヶ月のメール交換を経て、お互いできる限り会う時間を設けようと努力しています。

彼は価値観、考え方が似ていると言って下さいました。
彼はバツイチですが、気になりません。紳士的で温かい人柄でに惹かれました。

ただ、目標に向かって勉強をしている方なので、お互い思うままに時間が取れません。彼自身にも忙しい中で時間を大切にして欲しいと考えたり、いつ会えるのだろう?自然消滅しないか、と不安はあります。

プライベートでメールを続けていますが、彼からは、

 「若ければ既にはお付き合いを申し出ていたかも」
 「またお会いできませんか」
 「恋愛には臆病になっているので理解して頂けますか」

という言葉。そして私は、

 「お互い好意があれば、それ以上の言葉や形式を望んでいません。自由に想い描いてください」

とお返事しました。

休日を彼に合わせており、決して時間を無理に裂いてお会いする事はなく、大人としての距離感もお互いの為に必要な事だと認識しています。

でも、結婚とかプロポーズ以前に、「これで本当にいいのかな・・・?」とこの頃考えています。良いアドバイスが頂けたらと思います。宜しくお願いします。

アドバイザーの答え

こんにちは、潮凪洋介です。
相談内容を拝見しました。


彼のことを思いやり、彼自身の生活パターンを尊重する姿勢はすばらしいと感じます。それぞれ目標と責任を持った大人同士の恋愛においては、「程よい距離感」は必要なものだと思います。

さて、お2人の関係がもっと素敵なものとなるためにここでひとつご提案があります。これからお話することは、お2人の恋が正式にキックオフされるためのご提案です。

次回会うとき、いつもより少しだけ自分の気持ちに正直に、彼に接してみてはいかがでしょうか?

「彼を思う気持ち」を正直に、女性のあなたから表現してあげた方が、2人の恋は上手く育つこともあります。もちろん、今までも行動で彼に対する気持ちを表現されてきたことと思います。

でも、一度離婚を経験した男性のなかには、なかなか「自分が好かれている」という事実を自信を持って認識できない方もいます。
その男性が謙虚で慎重な方ならば、なおさらです。同じ失敗を繰り返して相手も自分も傷つくことを恐れているからです。

彼の気持ちの導火線に女性から「駆け引きなしにまっすぐ」に点火してあげると― その途端に自信を取り戻してきちんと告白をしてくれる―。そんな男性が世の中にはたくさん存在します。
忙しい2人だからこそ、会えたときは深く互いの気持ちを交わらせ、「好き」を言葉にして確かめ合うことが大切だと感じます。


さらにもうひとつご提案があります。
夜の電話です。お互いが眠りにつく前に静かな部屋から電話をかけ合いましょう。用件だけではなく少々長めの電話が良いでしょう。
そのゆるやかな時間に、2人の恋はますます育つことと思います。頻繁に会えなくても、2人の絆は確実に確かなものに育ってゆくでしょう。

そして最後にひとつ―。
彼からの「またお会いできませんか」というメールには、率直に「また会いましょう。楽しみにしています。いつ頃が都合がよいですか?」と返答してあげると良いと思います。


年末年始の休暇は、誰もが本当の自分を取り戻す時期です。この時期こそ、互いの素直な気持ちに火をつけて正式に交際をキックオフするよい機会だと感じます。

勇気を出して、「好き」を彼にストレートに伝えてみましょう。きっと新しい展開が生まれることと思います。

画像

回答したアドバイザー

潮凪洋介

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP