> > > 一緒に歩くのが恥ずかしいくらいの服装の彼

デート / 婚活:コミュニケーションの悩み

一緒に歩くのが恥ずかしいくらいの服装の彼

20代女性

ご相談内容

私には今、惹かれている男性がいます。一緒にいて居心地がよく、結婚後も穏やかに暮らせていけるだろうと思っている方です。

ただひとつ気になっているのは、その方の服装です。「着られればよい」という考え方で、かなりくたびれた服を着られているのです。

私は、物を大切にする考え方は好きですし、そこまで流行を追ってほしいとも思っていません。
でも、年齢を重ねてきたからこそ、年相応の格好をされたらどうか、と思います。しかしそれを、他人から指摘されたくはないでしょうし、私もわざわざ言いたくないのも事実です。

それでも彼と一緒にいるのが恥ずかしいと感じる自分がいて、こんな自分は失礼極まりないな・・・とも思います。服装のことなどは気にする必要はないのでしょうか。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
ご指名ありがとうございます。

・・・お気持ち、痛いほどわかります。

別に、ブランドものやファッション誌から抜け出たようなスタイルで
キメてほしいだなんて、まったく思ってらっしゃらないのですものね。

多少くたびれてはいても、仕立てのいいツイードのジャケットだったり、
着込んだカシミアのセーターだったりしたら、むしろウェルカムですけどね。

物を大切にする考え方を好み、服装に関して他人からは
指摘されたくないだろうと感じることができ、また、
ご自分からもわざわざ言いたくないとおっしゃるあなたの
感性や優しさは素晴らしいと思います。

しかし、そんなあなたに、彼と一緒にいるのが恥ずかしい・・・
と思わせてしまう彼は、よっぽどなのでしょう。

「男は中身だ、顔じゃない」と言われることがよくありますが、
それを自分に都合よく受け取る男性は結構いらっしゃいます。

事務局には時々、女性会員様から、
「お洒落して待ち合わせ場所に行ったのに、お相手の服装がひどくて
(ヨレヨレ、清潔感が無い、スウェット姿、等々)がっかりした・・・」
という声もいただくことがあります。

特に最初のデートでは、たいてい女性は頑張ってお洒落してきますから、
たとえ「男は中身」と思っていても、あまりに男性がひどい服装だと
意気消沈してしまいますよね。

往々にして男性は、自分自身の服装や外見にこだわらない傾向があり、
プロフィールに掲載する写真もガチガチの証明写真だったり、
まるで怒っているかのような表情の方もいるくらい。
それがすごく損をしていることに、ぜひ気づいてほしいのですが・・・。

ちなみに、『響子の虎の巻』では、こんなアドバイスも載せています。
もし機会があれば、彼にご覧いただくよう勧めていただけたらと思います。

■響子さんの虎の巻 (※一番下に服装のアドバイスがあります)


・・・その上で具体策ですが、まずプレゼント作戦。

季節の行事なり、何か記念日にかこつけるなりして、
そんなに高額でない、でもあなたが彼に着てほしいと思うセンスの
シャツやセーターを贈ってみるのです。

次に会う時、彼がそれを身に着けて来てくれたら
「素敵!そういう色を着ると、男らしさが際立つね」とか、
「格好いい!すごいジェントルマンって感じ」とか、事あるごとに褒めましょう。

彼が、悪い気がしていないようなら、その方向で
「そのシャツに合うジャケットを、この前、見つけたんだけど
ウィンドーショッピングだけでも一緒に行ってみない?」
といった感じでさらに広げていくのです。

ただ、調子に乗ってあなたがどんどん突っ走ると、彼は、
「俺ってそういう男じゃないんだよ」とか、「君が思うようにはなれない」
と音をあげてしまいますから、行きつ戻りつゆっくりと、がお約束です。

それが、プレゼントしても、身に着けてくれない場合。
以下のケースが考えられます。

★ お洒落を意識したことがないのでよくわからない。
★ 女性に服装のことで指示されたりしたくない。
★ 服装のことにかまうのは男らしくないと育てられた。

その場合は、正攻法で話し合いです。

あなたはこのお相手と結婚も考えられているので申しあげますが、
彼からプロポーズ、あるいはお2人でちゃんとおつきあいしていこう、
という話が出た時、
「実は、その前にどうしても気になっていることがあって、
話そうかどうしようか迷ってたけど、聞いてもらえる?」と。

彼の人間性の魅力、どこが好きか、出会えてどんなに嬉しいか、
を話した後で、服装について話してください。
その順序を間違えてはいけません。

聡明なあなたのことですから、「お洒落にならなきゃ結婚しない」
などという言い方は、もちろんしないと思いますが、いきなり否定的な
要素をつきつけられた気になって「俺のどこが悪いってんだ!」と
逆ギレする方もいますから、あくまで優しく、お願いモードで話してください。

いきなり、「今は、外見イコール内面よね」などと言っても、
お相手にはピンときませんから、あくまで彼ベースを忘れずに。

また、自分には構わなくても、キレイにしている女性は好き、
という男性は多いので、普段から、「このワンピース、どう?」とか、
「私がジーンズなのとスカートなのと、どっちが好き?」といった会話を
少しずつ増やしていくのも、ひとつの手だと思います。

女性ファッション誌を見せて、「これとこれ、どっちが好き?」
「私が着るならどっちがいい?」と、聞いてみるとか。
慣れというのも大事で、単にお洒落に慣れていないだけの男性も
たくさんいますから、じょじょに慣れていってもらうのです。

きっとうまくいくと信じています。
ご健闘を祈ります。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP