> > > デート中、「料金」のことをよく言う彼・・・

デート / 婚活:タイミングの悩み

デート中、「料金」のことをよく言う彼・・・

30代女性

ご相談内容

こちらで出会った方と、何回かデートをしています。
ちょっと気になる点があって、相談しました。

デート中、彼は料金のことを言ってきます。例えば、
「駐車場が500円かかるね」「ボーリング場が600円だ」「このプラネタリウムは安そう」とか・・・デート代はおごってくれるのですが、ちょっと気になります。

私はデート代を全て出してくれる男性とばかり付き合ってきました。たまに私がお弁当を作ったり、おごったりしたこともあります。

彼は実家住まいで、収入は私の倍です。私はお金にシビアな人とか、ご馳走してくれないと、気持ちが冷めてしまいます。こんな私はおかしいですか?

フィーリングとかは合うし、見た目も背が高くてタイプなほうなので迷います。どうか、良きアドバイスを。

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。

デート代はどちらが支払うか、割り勘か、という問題のようにも思えますが、あなたが気にしてらっしゃるのは、相手がお金をしょっちゅう話題にする、つまり本当はお金にシビアな人ではないか、と思えてしまう懸念についてですよね?

実家住まいで収入もあなたの2倍はあるのに・・・、
そして、デート代はおごってくれるけれども・・・、
自分が支払ったお金のことをしょっちゅう話題にするお相手。
その真意を計りかねていらっしゃるのですね。

彼の言い方のニュアンスがわからないので、断言はできませんが、
育った環境の中で、お金のことを話題にするのが自然な人だという場合と、
あなたが心配なさるように、払うけれどお金が惜しくてつい話題してしまう
場合があると思います。

私の印象では前者っぽい気がするのですが、いかがですか?

親しい間柄であれば、「コレ安〜い!」とか「高過ぎるよね〜」とか、
何気なく口にしていることでも、デート中にしょっちゅう言われると、
「この人、もしかしてケチな人なのかしら・・・」と、気持ちが冷めてしまう。

それは女性として、決しておかしいことではありません。
あなたが、デート代をすべて出してくれる男性とばかりつきあってきた、
という影響もないとはいえませんが、
あなた自身もおごったり、お弁当を作ったりしていますものね。

一般的に、最初のデート代は男性に持ってほしいと思う女性が8割、
その後もできたら男性が支払ってくれると嬉しいと思う女性が大半、
というデータがあります。
だからといって、男性が払うのが当然、と思うわけではないですよね。

お金の問題は人間の根源的な部分にかかわっていますから、
女性は自分が仕事をしている、いないにかかわらず、
『頼れる存在』として、男性を意識できるか否か、を無意識に
その部分で感じとっていると思うのです。

また中には、女性のほうが洋服や支度にお金がかかるのだから、
デート代は男性が支払うのが基本、という考え方もあるようです。

彼の真意を知りたいなら、次のデートで彼がお金のことを言ったら、
「じゃ、ここ払いましょうか?」とか、「私もお支払いしたほうがいいですか?」
とすかさず聞いてみてはいかがでしょう。

その時に、彼が「やれやれ、やっと払ってくれたか」というニュアンスで
当然のように受け取るか、それとも「とんでもない」という感じの反応かどうか。

後者でしたら、彼はお金にシビアではないけれど、生活習慣で
金銭を話題にするタイプですから、
「この値段、そんなに気になる?」とか、
「お金のこと、よく話題にするよね。私、払ってもらって悪いのかなって
何だか気になっちゃって・・・」
と、できるだけホワ〜っとした口調で話してみてはいかがでしょう。
どうか、キッとした詰問口調にならないよう気をつけて。

根源的なことだけに、お金の多寡で人間を測られた、と
男性が一番プライドを傷つけられる部分でもありますから、
女性の何気ない一言が、男性に「女って結局、金でしか男を見ない
よな」と思わせてしまう、悲しい誤解を生まないようにしてください。

ただ、残念ながら、彼があなたにも支出を求めているとはっきりしたなら、
あなたがシビアな金銭感覚の相手だと冷めてしまうタイプである以上、
彼のことは諦めたほうがいいかもしれません。

将来、収入は変化しても、金銭感覚は彼もあなたも
そんなに変わることはないと思うからです。
その人の基本的な価値観が一番出るのが、
その部分だからです。

あなたが、手鍋提げても世話女房で押しかけたい、と思える相手と
出会わない限り、こんなはずじゃなかった・・・と思ってしまう自分と
ずっとつきあわなくてはなりません。

お金のないことが問題ではなく、あくまでその使い方の感覚。
それを確かめてみていただけませんか?

その上で、女性だから払ってもらって当たり前、ではなく、
常に感謝の気持ちを表現できるご自分でいらしてください。

あなたが感じている彼とのフィーリングの好相性が、
金銭感覚においてもつながるものであるよう祈ります。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP