> > > せっかく会えても、仕事の顔しか出せません・・・

デート / 婚活:容姿の悩み

せっかく会えても、仕事の顔しか出せません・・・

20代女性

ご相談内容

仕事柄、自分を押し殺し仮面をかぶって生活することに慣れてしまっています。

私の仕事はビジネスマナーがとても大切で、上品で気品ある女性であるべし!とされています。
でも、本当の自分はとても子供っぽく、どちらかというとボケっとした性格なのです。

最近、仕事を頑張れば頑張るほど、どちらが本当の自分だかわからなくなってきました。こちらでお会いする方へも、仕事の顔しか出せません。

本当の自分を出したいのに、出せないです。
どう気持ちを切り替えたらいいのでしょうか?

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。
お気持ち、すごくよくわかります。

どんなお仕事か存じませんが、仕事柄、あるいは立場上、求められる顔や態度が限定されていると、必要以上に本当の自分との違いを意識させられてしまうものですよね。

でも、ビジネスマナーがとても大切で、上品で気品ある女性であるべし! というのは、女性としては憧れられる姿ですよね。
そういう姿勢で過ごすお仕事をプロとして続けていらっしゃるあなたは、とても素晴らしいと思います。

そして、実際もまったくその通りなんですよ・・・、というより、本当はとても子供っぽく、どちらかというとボケっとした性格なのです・・・というほうが、さらにさらに素敵だと思います。

人間は、そういう『意外性』の無いほうがつまらない。
けれども、ご自身では、初対面の男性に会った時、本当の自分を出したいのに出せないのはつらいですね。

気持ちの切り替え、オンオフのメリハリをどうやってつけるか。
まず、『かたち』から考えてみましょう。

ご家族やお友達といる時は、本当の自分でいられるのでしょう?
あなたにとって、本当の自分らしいファッションはどんな感じ?

森にいそうなガーリーなAラインのワンピースに半端丈のボレロ、
トレーナーとカーゴパンツにスカーフぐるぐる巻き、
ショートパンツにカラータイツとモフモフのムートンブーツ、
それとも、キャラクターのついた小物満載・・・?

あなたのお好みがわからないので、あくまで想像で恐縮ですが、会うごとに、自分らしさの度合いを増していってほしいのです。

可能でしたら、最初、お会いした時に、「仕事柄、固定のイメージを持たれてしまうのですけれど、実際の私は・・・」と一言、おっしゃっておくといいと思います。

1回目にお会いする時は、通常のお仕事モードに順じた服装、2回目は、いきなりフルモデルチェンジは難しいでしょうから、ボトムをジーンズかショートパンツ、ミニスカートにしてみる。あるいは、ジャケットの下にガーリーなワンピを着てみる。

一度、そういう服装をすると、3回目以降は通常の自分モードで大丈夫になると思います。

お仕事ファッションを装っている限り、あなたはくだけた口調になりにくいでしょう。時計とかアクセサリーなどの小物も、可能でしたら、オフバージョンに替えてみることをお勧めします。

もちろん、デート内容のTPOによりますから、歌舞伎やジャズバーへ行くのであれば、通常の仕事モードに近くていいのです。
ただ、そんな場合でも、インナーをノースリーブのアンゴラセーターにするとか、ラメラメのネイルにするとか、小技はあるはず。

会う機会が増すごとに、本当のあなたらしいファッションに合った『デートコース』を、さりげなく提案なさるといいでしょう。

ゴルフの打ちっぱなし、バッティングセンター、釣り・・・。映画だったら、服装の許容範囲はかなり広いですし、ディナーを焼き鳥屋さんやカジュアルなイタリアンという手も。

何が申しあげたいかというと、お気づきと思いますが、ファッションを替えると自分らしさが出しやすくなるということ。

仕事を頑張れば頑張るほど、どちらが本当の自分だかわからなくなってくる、とおっしゃるプロ意識の強いあなたですから、そのファッションに合った話し方や態度を一つの命題に据えれば、ちゃんとその結果を導く行動を取れるはず、と確信しています。

たぶん、男性は通常のお仕事モードのあなたを魅力的だと思うでしょうが、あなたがそれだけではなく、子供っぽさやホワンとしたところもあると知ったら、もっと感激すると思います。

何より、リラックスしている自分でいないと、相手のリラックス感も引き出せないですよね。

ただ、表現の仕方を極端にすると、男性はコンサバティブなところがありますから、驚いて引いてしまうかもしれません。
相手の反応を見ながら、ファッション自己増強プログラムを練り、楽しみながら実行されることをお勧めしたいです。

人の印象は見た目でものすごく違いますけれども、自分自身も、着ているもので『気分』が全然違いますよね。

いいえ、何を着ていても私は私・・・、という女性もおられます。
でも、与えられた役割をきちんとこなしていらっしゃるあなただからこそ、このプログラムは有効だと思うのです。

そして、仕事の時には絶対言わないけれども、本当のあなたにもどった時の話し方や口癖、話題なども、出せるようにしておくといいでしょう。

本当の自分を出すことに少しずつ慣れていければ、人間としてより豊かな幅広い生き方ができるようになり、そのうち、どんなにテンションの高い仕事の現場においても、軽いジョークで周囲をなごませたりできるようになると思います。

ご健闘を心からお祈りしております。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP