> > > 初デートのお会計はどうすればいい?

デート / 婚活:結婚観の悩み

初デートのお会計はどうすればいい?

30代男性

ご相談内容

何度かメールした相手と会うことになりました。
しかし会話がイマイチ盛り上がらず、2時間程度で帰ることに。

お店の会計は1万円弱で、私が年上なので多く支払うつもりではいましたが、彼女は見切りを付けたのか、払おうとする素振りが全くありませんでした。多少は払う素振りを見せるものかと思っていましたが。

会う時は通常、男性が払うものなのでしょうか?
お金の話をするのは言いづらいところなのですが、どのように話をすればよいのでしょうか?

アドバイザーの答え

ご相談を拝見いたしました。

お金の問題は難しいですね。
これぞ正解といえる回答はないと思います。

もちろん、男性側が払うべきものであるとか、初めてのデートは割り勘であるとか、決まっているわけでもありません。
年齢や収入の違い、どちらが強く誘ったか、というような状況もかかわってくるでしょうし、その人の育ち方、生きる姿勢、金銭感覚によっても個人差がもっとも出る部分だと思うのです。

ただ、当サイトで知り合って初めてお会いする場合の基本として、年齢の近いお二人がメールをやりとりするうちに自然に会いましょうという方向になり、特にどちらかが何度も強く誘って・・・という感じではなく、お互いに会いたいと思うようになったと二人とも認識しているなら、『割り勘』をひとつの目安になさるといいのではないでしょうか。

そのうえで、一般的には男性のほうが就業率や収入が高い場合が多いので、男性のほうが多めに払う、という感覚が現実的かもしれません。

とはいえ、たとえば男性のほうがかなり年上だったり、あるいは女性のほうが収入が高かったり、という場合もあれば、女性より男性のほうが多く食べたりお酒を飲んだりといったような、その時のお互いの状況にも非常にかかわってきますよね。

あなたも、お相手の女性がもし非常に若かったら、全額払ってもそんなに理不尽な気持ちにならなかったかもしれませんし、あるいは、盛り上がって次のデートも決めるような勢いだったら、相手の反応を見る前にご馳走したい気持ちになったかもしれません。
いや、どんな場合でも、男性が払って当然というような女性の態度はいかがなものだろう・・・と感じてらっしゃるかもしれませんね。

確かにあなたがおっしゃる通り、いくら盛り上がらなかったとはいえ、そのお相手の態度は失礼です。ご縁がなくてよかったと思いますよ。


女性の中には、男性が払って当然と思っているタイプも確実に存在します。それはどんなに時代が変わっても常に一定量存在するので、いつどこに出没するかわかりません。
その女性の育ち方、男性への依存度や期待、生きる姿勢とかかわっていますし、仕事を持っている、持っていないということとも必ずしもリンクするとは限りません。

あなたに全額を払わせたお相手は、あなたが感じてらっしゃるように、盛り上がらなくてつまらない気持ちになり、単に払う気が失せてしまっただけなのかもしれません。

では、その場合、あなたは本当はどうなさりたかったのでしょうか?

男性はどうしたって女性の態度に振りまわされてしまう部分がないとはいえないと思うのですが、相手がお財布を取り出して払う気を見せていたら、「いいですよ。ご縁がなかったみたいだし・・・。わざわざ来てくれてありがとうございました」という態度になっていらっしゃったでしょうか。

それとも、「1万円弱なんで、4千円いただいていいですか?」、または「じゃ3千円いただこうかな」、あるいは「2千円でいいですよ」というようなことをおっしゃりたかったのでしょうか。

もしそうでしたら、あなたが想定し得る中での『安めの金額』を女性に提示してみていただけないでしょうか?

もしかしたら、露骨に嫌な顔をされるかもしれない。
それが嫌で、男性はどんなに想定外の出費をしていることでしょう。
「何でこんな女に俺がおごらなきゃいけないんだよ・・・」決して口には出せないけれど、そう感じる時ってありますよね。

そういう出会いになってしまったのはとても残念ですけれど、でも、あなたはご自身の姿勢と金銭感覚を示されていいと思います。

あなたはご自分と価値観の合う女性と出会わなければいけないですから。
あなたがご自身の生きる姿勢を、居丈高にではなく自然に保っていくなら、これからあなたにぴったりの女性と出会えるでしょうから。


あえて『女性側の気持ち』を代弁するなら、そして男性に知っておいていただきたいと思うのは、デートで割り勘にする気持ちがないわけではないけれど、男性におごっていただくのはすごく嬉しい、ということ。
それは損得を越えた感情で、『女性として大事にされている感覚』と、その『男性を頼もしく感じる根源的な気持ち』というのがあるからなのです。

初デートにお洒落をしない女性はいないでしょう。
このところ忙しくてずっと行けてなかったネイルサロンに予約を入れたり、予定外の出費覚悟で脚がきれいに見えるミニのワンピースをゲットしたり、前の晩は睡眠不足になっても肌の手入れを入念にしたり、当日はマスカラを5度塗りしたり、1時間かけて髪をブローしたり・・・。

もちろんお相手の男性には、一言もそんなことは言いませんよ。
だから、女性におごってあげて・・・と言っているのではありません。

ただ、女性たちの自分を少しでも美しく素敵に見せたいというせつない気持ちを痛いほど知っているので、どうしても私は『男女同権なんだから割り勘が当然』ときっぱり線引きすることができない気持ちがあります。

最近は、エステに通ったりボディシェイプに気を配ったりお洒落したり、「俺だって自分に金かけてるよ」という男性も多いですから、そんなことを言われてもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが。

とはいえ、女性に対しては、どんな場合も割り勘にする姿勢を持ちましょう、と言いたい気持ちがあります。

もちろん、おつきあいすることが決まったら、そういうことはお二人で好きなように決めればいいわけです。でもそうなる以前の段階なら、結婚を意識する大人として、人間性やマナーの部分でそうあってほしいと思うのです。

嫌な気持ちを体験されたあなたにはお気の毒でしたが、そういった女性の心理も踏まえたうえで、ご自身の金銭感覚や価値観をもう一度見直していただいて、そのうえでご自身の生き方を柔らかく貫いていらしていただきたいと思います。

あなたにふさわしい女性と出会われることを心から祈っております。
どうぞがんばってくださいね。

画像

回答したアドバイザー

エキサイト恋愛結婚

神原響子

相談・お悩みキーワードから探す

婚活ステップ別の相談を探す

※ 本コンテンツは2005/11~2012/9まで“恋愛何でも相談室ブログ”に掲載していた内容をアーカイブしてご紹介しております。現在、無料相談は受け付けておりません。

※当ページに掲載されている記事やデータは下記の事項を守っていただく場合に限り自由に利用できます。
1.「出典元:エキサイト婚活」の明記およびリンク(https://wedding.excite.co.jp/)を設置してください。
2.転載された内容を公開されましたら、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
3.画像データの保存・再利用はできません。
4.不適切な転載利用をされている場合、利用をお断りさせていただくことがあります。

ページTOP